読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チ。―地球の運動について― (6) (BIG SPIRITS COMICS)

チ。―地球の運動について― (6) (BIG SPIRITS COMICS)

チ。―地球の運動について― (6) (BIG SPIRITS COMICS)

作家
魚豊
出版社
小学館
発売日
2021-12-28
ISBN
9784098612062
amazonで購入する Kindle版を購入する

チ。―地球の運動について― (6) (BIG SPIRITS COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

103冊目『チ。 -地球の運動について- 6』(魚豊 著、2022年1月、小学館) 新章突入。C教のルール外に生きる者たちと、「地動説」との出会いは物語をどう動かすのか?相変わらずセリフが熱い。知性的な内容でありながら、漫画らしい外連味のある展開も楽しい。H派とは多分プロテスタントの原型でもあるフス派がモデルだろう。 「表なら私、 裏なら君が正しい。」

2021/12/31

さすらいの雑魚

長い連載となるとお話が脇道枝道に流れたり、当初の物語の熱量が薄れたり、なんて事も珍しくは無い物です。が、本作は巻を重ねるほどにボルテージが上り続けとどまる気配がありません。フス派登場の予感や理神論vs無神論の超ニッチ対決などなど一部歴史好きの心がトキメク展開の第6集です♪ここまで続刊が楽しみな作品は久々です。

2021/12/31

眠る山猫屋

いよいよ大地は動き出すのか、いや、まだだった。オグジーたちの残した“もの”を巡る争奪戦。異端解放者たちの組織、さらにその中でも異端なシュミット一味。そしてドゥラカ。ドゥラカはロマの一族なのかな?C教の中でも下層の扱いを跳ね返そうと目論むドゥラカと、シュミットの“神について”のやり取りが面白い。噛み合って無いようでいて、ディベートとしては成立している。そして異端解放のリーダーは!!さぁ、時代よ廻れ!!

2021/12/30

ウチタケ

1-5巻を通してもう一つの大きなテーマが見えてきました。それは、C教が全盛期のときに出来ること、出来ないのであれば次の世代に託すための行動といった各々の時代でどういった信念を持ち、どういった行動が最も良くなるのか、ということだと思います。後悔しないためにはその時代背景を加味してどう足掻けば良いか、その熱量が凄まじく迫ってくる。

2022/01/09

14番目の月

時間が経過し、登場人物が急変し、どうしたのだろうかと読み進めるも最後にあの人の登場となる。 続きが早く読みたいです

2022/01/08

感想・レビューをもっと見る