読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空母いぶきGREAT GAME (7) (ビッグコミックス)

空母いぶきGREAT GAME (7) (ビッグコミックス)

空母いぶきGREAT GAME (7) (ビッグコミックス)

作家
かわぐちかいじ
八木 勝大
潮 匡人
出版社
小学館
発売日
2022-05-30
ISBN
9784098613465
amazonで購入する Kindle版を購入する

空母いぶきGREAT GAME (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

saga

礼文島、稚内の基地が同時に制圧された。通信機器の異常や、突然の停電に違和感・危機感を抱けない隊員たち。読者はロシア軍の攻撃であることを分かっているが、作中では正体不明組織による攻撃に、憲法や関係法令により反撃に出られない政治的ジレンマを描く。特殊作戦群が到着するまで、地方の普通科連隊が手出しできない「弱さ」も垣間見える。現実には、制圧された基地内でスティーブン・セガールのような超人は出ないんだよね。戦闘シーンなしの第7集だった。

2022/08/18

のぶのぶ

 ロシアのウクライナ侵攻があり、日本への侵攻も全くないとは言い切れないご時世になった。読んでいて、実際、なったときには、どう舵を取っていくのだろうと感じた。動かれたら、あっという間に制圧されてしまうだろうし、あれこれ議論していたら、間に合わないこともあるのだろう。決断ができるかが決め手だろう。戦争をしない、回避するのは、大事なことだと思うが、実際に動かれたときには、どうしたらよいのだろう。他人事でなくなっていることを意識しなければいけないのだろう。

2022/06/04

3.5 新刊読了。礼文島の沿岸監視隊と、稚内の陸海空合同自衛隊分屯基地がロシア軍によって制圧される。日本の国土が明確に侵略されても、自衛隊が武器を使って対抗するまでにはこれだけのハードルがあるんだなぁと実感する。ウクライナ侵略を目にした今、ロシアによる北海道侵略もまったくの与太話とは思えなくなっているからなぁ。特に、水面下でロシアが中国と連携していて、米軍が対中警戒に引きつけられて北海道まで手が回らないとか、いかにもありそうに思える。そんでもって、実際の日本では政治家がもっと無能だから日本はすぐ終わるな。

2022/08/07

オカヤン

1-7巻。本誌では骨のある日本の女性総理大臣がいい。痺れる展開。ロシアとどう向き合うか。戦争は外交の失敗。

2022/09/20

リュウジ

ロシアが自らの国籍を明かさず自衛隊基地を占領、狙うは宗谷海峡実効支配。某艦長は「アホな!それは明白な侵略行動や!国際ルール無視は世界が許さへん!」と激昂。まさにその通り。しかし群司令は答える。「確かに。ですがそれはあくまで我々の考えです」。それは今、ウクライナで起こっている現実。世界が許す許さないでは止まる気のないロシア。漫画の世界の総理たちは法律を逸脱せぬよう、主権を守る一点を見つめ冷静に対応を進める。さてリアル日本。こんな状況になった時、自分の言葉を持たない原稿棒読み総理に対処できるのか。とても不安。

2022/05/31

感想・レビューをもっと見る