読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

九条の大罪 (6) (ビッグコミックス)

九条の大罪 (6) (ビッグコミックス)

九条の大罪 (6) (ビッグコミックス)

作家
真鍋昌平
出版社
小学館
発売日
2022-07-29
ISBN
9784098613830
amazonで購入する Kindle版を購入する

九条の大罪 (6) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

歩月るな

人生交差点。動き出し始めたのかもしれない。確かにどうしようもないっちゃどうしようもないんだけれど、物語的には壬生くんに本懐を遂げてほしいくらいの気持ちではある。人を見出して育てるカリスマはあるんだよな、あの時に死んでれば、という心持も引きずっていはするわけだから。でも斜め下方向からなんだか狙われちゃっているので、九条先生がどうなっていくのか、嵐山さんもどう決着することになるのか、さっぱり見えてこない。そんなに気持ちよくさせてくれる訳ぁないとは思うけれども、烏丸先生がいなくなってしまうとなると、困っちゃう。

2022/07/29

lily

今回はギャラ飲み女子。金持ちにタレント崩れの女性をあてがうことで生計を立てる港区女子の千歌と俳優の夢破れサパークラブに勤める数馬。数馬は壬生とつながり半グレに、千歌は金銭トラブルなどで反社会勢力に巻き込まれる未来しか見えないのだが…そして烏丸と九条の間にも亀裂が…。今頃気付いたが登場人物が京都の地名ばっかりでは?

2022/08/22

3.5 新刊読了。嵐山刑事の話はフワッとしたまま次のエピソードに移行。娘を殺された刑事の復讐劇という非常にわかりやすくカタルシスを得やすいテーマだったので、期待していたのだが。主犯格の犬飼が少年刑務所を出て壬生を狙ってるので、またいいところで嵐山刑事も出てくるかな。とりあえず元俳優志望のホストとギャラ飲み女子の話がどう転がっていくのか、また伏見組とズブズブになっていく九条に対して反旗を翻す烏丸、という場面に焦点が移っていく。九条の行動原理は読者にとっても理解し難いので、内面が少しでも描かれるのを期待。

2022/09/02

Mr.deep

「事件の真相」のアンチカタルシスぶりが実に真鍋昌平。そして烏丸先生がようやくみんな思ってたことを突っ込んでくれました。これでエンジンかかってきてくれたらいいんですが。

2022/08/02

ぴっころ

イヤー本当反社とは一切の関わり合いを持つことなく人生を終えたいものです。

2022/09/07

感想・レビューをもっと見る