読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)

ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)

ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)

作家
田村由美
出版社
小学館サービス
発売日
2019-02-08
ISBN
9784098704064
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

広島編が終わったが、広島で何があったのかは不明のまま、いろんな事件をあっさり解決してしまう整の過去が気になる...

2019/06/24

あこさん

つい続きが待てなくて1巻から大人買いしちゃったよー!面白かった。買って正解。整くんの思考は本当に素晴らしい。遺産相続編のあとは 記憶喪失の爆弾魔 病院で出会った幽霊との問答。これをミステリと言わずして何と言おう。ガロくんも謎すぎる。いつか会えるんだろうか、それまでに整くんはいくつ謎を解き明かすんだろう。楽しみ。

2019/02/13

佳音

飽きてきたというか主人公の性格が鼻についた。彼の生い立ちについて4巻でもほとんど明かさないせいだと思う。小説ならいざ知らずひっぱり過ぎ。

2019/04/03

眠る山猫屋

入院した整くんと同室の刑事さんの話が深かった。一見叩き上げの刑事・牛田さんが整くんを事件の闇に誘っていく。牛田さんの気持ちを察していた整くん、更なる深い闇に引き摺りこまれていくようで・・・楽しみ。

2019/05/04

鱒子

広島編完結。毎回の表紙、重要キーワードがアフロに突き刺さっているのが笑えます! 巻き込まれ型の主人公 整(ととのう)くんですが、全ての話が彼の日常と繋がっている。 しかし、ケリーバッグ クロコで ブルーってお値段いくらするの?庶民派には想像がつきません……

2019/04/13

感想・レビューをもっと見る