読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふるぎぬや紋様帳 (4) (フラワーコミックススペシャル)

ふるぎぬや紋様帳 (4) (フラワーコミックススペシャル)

ふるぎぬや紋様帳 (4) (フラワーコミックススペシャル)

作家
波津彬子
出版社
小学館サービス
発売日
2019-08-09
ISBN
9784098706198
amazonで購入する Kindle版を購入する

ふるぎぬや紋様帳 (4) (フラワーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

友人本。シリーズを通して、伊都子さんは主人公かつ狂言回しです。魅惑的なキャラクターと、トラブルを持ち込むゲストが物語を動かし、伊都子さんはその中心で全てを是として見つめています。心地よい作品です。ーー色々佳境に入ってきたようで終わりの予感がしますが、まだまだ続いて欲しいシリーズです。

2020/01/31

ネムコ

買う時に感じた違和感は、この本が「ふるぎぬや」だったから。どー見ても「雨柳堂」でしょ? 実は表紙はふるぎぬや店主の青砥氏。内容は青砥氏の若い頃のお話と、白妙の探している着物の話。今、波津さんいちおしシリーズ。続きも楽しみだけど、長く続いてもほしい❗

2019/08/11

あたびー

アンティークきもの店「ふるぎぬや」を中心に、そこに関わる人々妖や動物たちの不思議な物語も4巻目(大分前に出ていたのに失敗失敗)。今回は伊都子さんを巡る着物のお話の他に、青砥氏が白妙に見込まれて店主になった経緯も明らかになります。波津彬子氏の描く着物姿は日本一。知識から言っても漫画界でおそらくトップクラスだと思います。なので読んでいても一切ストレスなし!早く5巻が出ないかな…

2020/08/28

しましまこ

店主さまより伊都子さんより猫達大活躍!あの着物と白妙さんの関係は?知りたいけど、終わっちゃヤだから謎のままでいいや。それにしてもお茶用のお着物って粋なのね。

2019/08/17

KOU

どの担当編集も作者も、主人公をカバーイラストにしようとしないのか(笑)。

2019/08/10

感想・レビューをもっと見る