読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風光る (44) (フラワーコミックス)

風光る (44) (フラワーコミックス)

風光る (44) (フラワーコミックス)

作家
渡辺多恵子
出版社
小学館サービス
発売日
2020-02-26
ISBN
9784098708628
amazonで購入する Kindle版を購入する

風光る (44) (フラワーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

架空の人物が登場したとて、歴史が変わるわけではないし、変わってはいけない。変えられぬ歴史に対して、では作者は何をすべきか。いかにその歴史を解釈し、どう描くか、ということだろう。渡辺多恵子は、セイと総司の日々をじっくり丁寧に綴ることで、沖田総司が迎える歴史の意味を、そっと読者に問いかける。そのあまりにも静かに描かれた歴史の結末は、変えられぬ歴史自体が重要なのではなく、そこに至るまでの生き方そのものが大切なのだと言っているのだ。『風光る』、次巻完結。

2020/03/01

小夜風

【所蔵】最新刊を読む前に既刊全部再読していました。漸く辿り着いた44巻。連載開始からは23年も経つんですね。セイちゃんのセイは清三郎の「清」ではなく誠の「誠」だったんですね。他の本ではどうしても病弱で儚げに描かれることの多い沖田さん…「風光る」でも病んでから長かったですが、最後まで強くて優しくて熱くて穏やかで、本当に誠の武士だったなぁと思います。次が最終巻になるのかな。セイちゃん…生きてほしい…。そして新選組の運命は…。

2020/03/09

どあら

季語の「春隣(はるとなり)」の意味を知って、哀しい気持ちも少しだけ癒やされました…☺️

2021/03/25

蓮 

感想×◎  爆涙、、、 わかっていた最後だけどやはり泣いちゃいます( ;∀;)でも、穏やかな最後で良かった。近藤さんのとこからひたすら泣きまくりの一冊でした。次のFlower(5月号?)で最終回らしいので、コミック派ですが最終回は雑誌もかわねば!✨

2020/02/28

su☆ma

コミ☆5 表紙、季語の説明含めた先生の言葉から涙出た。こんなに声をあげて泣きながら読んだ漫画なんてないだろう。思い入れが強すぎるから、胸が苦しくて何も言えない。最期の最後を穏やかな日々にしてくれてありがとうございました。

2020/02/29

感想・レビューをもっと見る