読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青の花 器の森 (6) (フラワーコミックスアルファ)

青の花 器の森 (6) (フラワーコミックスアルファ)

青の花 器の森 (6) (フラワーコミックスアルファ)

作家
小玉ユキ
出版社
小学館
発売日
2020-12-10
ISBN
9784098711864
amazonで購入する Kindle版を購入する

青の花 器の森 (6) (フラワーコミックスアルファ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

菜穂子

得意料理を作るから家に来る?って言葉は男性の方が言う時代になってしまったよ!青子と龍生おめでとう🎊良かったよ💕

2021/01/05

どんぐり@今日もいい日だっ

この作品きっかけで波佐見焼が好きになり、例の作品がきっかけで風の盆が見たくなり。むずむずする作品ですなぁ。クール系かと思っていた龍生が実は好きになったら超焼きもち焼きさんだったとか。その甘い雰囲気の中、生まれ来る作品はいかほどのものか。いいですね、ゆったりとした時間を大切に生きる二人の物語。次巻も楽しみです。

2020/12/16

どあら

妹から借りて読了。二人のやりとりにキュンキュンしていました😍 またなんか面倒なキャラきたー😒

2020/12/26

ぐうぐう

恋の成就は、ドラマのピークであり、ハッピーエンドとして終わりになることもある。でも、この漫画の場合、成就したあとも、ずっとずっと見続けられるのだ。なぜなら、二人の恋の行方をあたたかく見守ってきた友人の一人のような、そんな気持ちで読んできたのだから。そして何より、この漫画は恋だけではなく、器の物語でもある。恋と同じように、二人が作り出す器を見守りたい。

2020/12/26

chie-don

波佐見の窯元ではたらく青子と龍生。絵付けと成形、お互いの仕事に心地よいものを感じて器を共作する二人が、付き合うように…。青子よ、龍生の人間ソファーでぞんぶんにくつろぐがいい…

2020/12/13

感想・レビューをもっと見る