読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

数字であそぼ。 (6) (フラワーコミックスアルファ)

数字であそぼ。 (6) (フラワーコミックスアルファ)

数字であそぼ。 (6) (フラワーコミックスアルファ)

作家
絹田村子
出版社
小学館
発売日
2021-07-09
ISBN
9784098712984
amazonで購入する Kindle版を購入する

数字であそぼ。 (6) (フラワーコミックスアルファ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kana

今回も面白かった。相変わらず数学の内容はちんぷんかんぷんだったけど。横辺は院へと進ませてもらえそうだけど、この先も北方と猫田とまふゆと世見子とずっと一緒にいられたらいいな。インド人留学生のアナンドも面白かった。

2021/07/10

リラコ

もう分からなくて良いです。大学数学わかりません。1+1=2とは限らない、はわかりました。数学科、就職しようとか考えること自体不思議な感じがする。吉田神社での豆まきの日に起こる謎。そんなことがあってたまるかーいと思いながら、あるかもしれない。森見登美彦さんの小説でもなんだか起きてたし。みんなのキャラが確定してきて、不思議な集団じゃなくなってきてる。インド人ゼミ生、じゃりんこチエで日本語覚える笑。デイォファントスの墓碑銘は流石にわかるよ。良かったホッ。面白すぎて次をまた首長くして待ってます。

2021/07/09

猫丸

4年生になってセミナーが始まるところ。このあと夏には院試があり、最終的に専攻を決める時期だ。横辺君、北方、まふゆの三人は代数を選ぶ。クセモノ猫田は幾何だって。世見子ちゃんが解析。主要登場人物が揃って代数分野へ進むということは、数学アドバイザが代数の人なのだな。とにかく物語は大学院へ続くようだ。そうそう、本書にも出てくるけれど、数学科は卒論が無い大学が多い。これは高校生を数学科へ誘うポイントになるかな。理系なのに実験から逃げられるのも嬉しい。そもそも数学科の人間に実験をやらせたら危険である。

2021/07/15

毎日が日曜日

★★★ 1+1=? これだけでは何とも言えない。

2021/07/19

まるみみ

「定義」の小芝居面白かった(笑)1+1が2にならないのホント意味わかんないんだけど、とことん厳密にしたい学問なんだなぁと。厳密にしすぎてかえって抽象的になってんのホント意味わかんない。

2021/07/11

感想・レビューをもっと見る