読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たーたん (6) (フラワーコミックスα)

たーたん (6) (フラワーコミックスα)

たーたん (6) (フラワーコミックスα)

作家
西炯子
出版社
小学館
発売日
2022-12-09
ISBN
9784098718764
amazonで購入する Kindle版を購入する

たーたん (6) (フラワーコミックスα) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

妹から借りて読了。たーたん、頑張れ❢ 真紀ちゃんの家族には幸せになって欲しいな☺️

2023/01/06

ぐうぐう

真実のすれ違いが起こす躍動。まるで韓国ドラマのような展開だが、これが面白い。手垢が付いたパターンだからこその「待ってました!」感があって、それを西炯子は確信犯的に採用している。「これは………横あいからなんの気なしに現れた無邪気キャラが、全てを持っていくパターンでは……」というツッコミもまた、西がパターンを楽しんでいる証拠だ。真実の中だけに本当があるのではなく、真実を知るまでの偽りの日常の中にも本当があることを、この漫画は最終的に教えてくれるだろう。

2023/01/14

LUNE MER

ようやく過去の事件のことが読者に開示された。しかしスズには相変わらず伝えられないたーたん。実父とたーたんのすれ違い連発のまま話は進んでいくが、ついに2人が遭遇⁈というところで次巻へ。たーたんをめぐる女の闘いに伏兵登場?といつ小ネタも交えつつ、相変わらずたーたんウジウジオロオロな割には話は進む巻。ここに書いてないけどいい感じのサイドストーリー多数。

2022/12/10

kishi

どう終わらせるのか、そこまでどう展開させるのか、楽しみです。

2023/01/01

海(カイ)

全巻よりはイライラしないで読めた。ただ鈴が事実を知ったらどうなるのかが一番気になるところ。それにしてもたーたんは職場でなぜモテる?

2023/01/13

感想・レビューをもっと見る