読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

作家
村上春樹
出版社
新潮社
発売日
1997-09-30
ISBN
9784101001418
amazonで購入する

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

この作品は、かなりの長編になる覚悟を持って執筆され始めたのだろう。第1巻を終わったところでは、依然として構想の全体が見渡せないし、当然のことながら着地点の予想も全くつかない。加納マルタと本田元伍長には、特殊な能力という共通点はあるものの、本田はここで消えて行きそうだ。第1巻だけに限って言うなら、村上春樹がもっとも語りたかったものは、間宮中尉のハルハ河での回想に極まるだろう。それは実に凄まじい話であり、強烈なリアリティを伴って、深い印象を読者である我々に残す。第2巻で、トオルはどこに向かうのだろうか。

2012/08/09

遥かなる想い

村上春樹という著名な作家について、なぜか私はあまり読んでいない。巨人が嫌いで阪神が 好きという人格にも関連があるのかもしれない。本書では綿谷昇が存在感を発している。ノモンハン事件を題材にしているらしいが、戦争の凶暴な暴力を巧みに描ききっている。

2010/04/28

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️村上さんの94年の作品です。ちょうど20年前ですが、古さは全く感じません。村上さん独特の摩訶不思議な時空間を堪能出来て久々にワクワクする長編です。それにしても村上ワールドでは心の隙や時空間の隙間に潜む危うさを驚くべき自然さで表現してくれます。凄いパワーですね。第2部が楽しみです。

2014/05/11

zero1

【死んでこそ 浮かぶ瀬もあれ ノモンハン】すべては電話から始まった。30歳の岡田は法律事務所を退職し自由な生活。行方不明の猫を探しに行き、笠原メイと出会う。そこには井戸が。妻クミコとその兄、綿谷ノボル。謎の加納姉妹。そして本田の戦友、間宮が語るノモンハンの凄惨な描写。叔父が経営するバーの話は春樹の経験?「国境の南、太陽の西」にも通じる。久々の再読だが、春樹の世界に引き込まれた。いくらでも読んでいられそうだ。朝日新聞による平成のベスト30で第10位。コロンと遺品は伏線なのか?第二部へ続く。やれやれ。

2019/05/03

めでゅう

加納クレタは長い話をした。間宮中尉は長い話をした。そこには読み手を圧倒・沈黙させるだけの「過酷」があった。/「過酷」は常に世界に遍在している。家庭内で、ホテルの一室で、教育の現場で、うらぶれた路地裏で、そしてあるいはモンゴルの荒野で。例えば今私は、自室でPCに向かってこの文章を打っている。いられる。ついさっきまではベッドの上で読書していた。していられた。にも関わらず、私がそうしていられるまさにその時にも、世界のどこかでは「過酷」が起きており、またいついかなる時でもこの身に「過酷」が降り掛かる可能性がある。

2017/10/27

感想・レビューをもっと見る