読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)

騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)

騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)

作家
村上春樹
出版社
新潮社
発売日
2019-02-28
ISBN
9784101001722
amazonで購入する Kindle版を購入する

「騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)」のおすすめレビュー

BOOK OF THE YEAR2020投票スタート! 『蜜蜂と遠雷』、星野源『よみがえる変態』もランクインした昨年を振り返る!

 毎年、雑誌『ダ・ヴィンチ』が「今年、いちばんよかった本」を決めるBOOK OF THE YEAR2020の投票が9月4日(金)よりスタート! 今年はどんな作品が選ばれるのだろうか? 昨年ランクインした作品は何冊読むことができただろうか?

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 BOOK OF THE YEAR 2019の文庫部門1位に輝いたのは、史上初の快挙となる直木賞と本屋大賞をダブル受賞した『蜜蜂と遠雷』。「読み終わって外を歩いているとき、いろんな音が聞こえて“世界は美しい”と心から感じた」(29・女)など、感動の声が多数あがった。

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁/文藝春秋)

 2位の『十二人の死にたい子どもたち』はキャッチーな題名と実力派若手俳優が競演した映画化作品で注目を集め、「現在の若者の心理の複雑さが見事に描かれている」(37・男)と絶賛! 3位『陸王』もドラマ化作品に惹かれ、「ドラマとの違いを見たかった」(49・男)と原作に立ち返った人が多かったよう。

『陸王』(池井戸潤/集英社)

 ベスト3からも見られるように、2019年も映像化…

2020/9/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本読みたぬき

この主人公の画家は「永遠の80年代の30代」の作家である村上さんさんの分身ではないだろうか?そしてその絵画観は、そのまま村上さんの文学観でもあるにちがいない。絵画も文学も、芸術とは理屈を排除して「ただ、そこにあるもの」だ。村上さんが好きになってきた。女性観は嫌いけど笑。

2019/04/14

みどり虫

昨夜夢を見た。井浦新(俳優)に「電話はしてもいい?」と聞いたら「電話もしないで」と冷たく言われて、彼は他の女性と楽しげに話し出す。"あぁ、そうだよね。もう終わりだものね。諦めなくちゃね"って悲しくて悲しくて苦しむ夢。これを読んで「突然で受け入れられない離婚というのはどういうもんなんだろう、◯子(そんな離婚を経験した友人)はどんな想いでその日々を乗り越えたのだろう」と考えながら寝落ちしたからかね…。「そうだぜ。そうに違いあらない」と騎士団長も言ってるな。やれやれ、こんなおもしろい所で第一部が終わりだなんて。

2020/06/07

tokko

第二部の文庫が届くのに合わせて読みました。だんだんと流れに巻き込まれていくにつれて、いろんな方面に枝が伸びていくようです。その枝があらぬところで繋がったり途中で切れてしまったり妙なところで妙なものが飛び出したり。まだ3巻は手元にあらないけれど楽しみです。

2019/03/28

ponpon

不思議な存在だった免色さんの思惑によりストーリーが膨らんでくるとともに、「私」に接触してきた理由、また騎士団長の登場によりサブタイトルの意味が明かされます。光から遮断されることで迫り来る死を意識するシーンは印象深いが、実際にどの様な感覚になるのだろうか?顕在化したイデアの言動はユーモラスで楽しいが、どういう存在か謎は深まるし、秋川まりえも不思議な人物。その他の伏線も撒かれ放題で、この物語がどのように展開するか見通せない。第二部の発売が待ち遠しいです。

2019/03/12

白いワンコ

分冊されて1/4なので、感想めいたものはまだ。10代20代の頃のように、自分に必要な小説とは感じませんが、しっかり楽しめています

2019/03/08

感想・レビューをもっと見る