読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫)

騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫)

騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫)

作家
村上春樹
出版社
新潮社
発売日
2019-03-28
ISBN
9784101001746
amazonで購入する

騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本読みたぬき

ダリとかのシュールレアリズムの絵の中に入り込んでさまようような、そんな読書体験でした。そういう話ををさらさらと読ませる村上さんの文章力はさすが。でも、彼はノーベル賞よりもアナログと性と子供に強い未練があるような…。

2019/04/26

みどり虫

ああぁぁぁ〜読み終えてしまったぁぁぁ〜。免色さんがやたら気になり、騎士団長に会いたくなり、イデアだのメタファーだのに導かれる物語に翻弄されつつ、でもその世界観がやっぱり好き。終わり方もとても好き。「騎士団長はほんとうにいたんだよ」「きみはそれを信じた方がいい」うん、いた。信じる( ゚ཫ ゚)🗡

2020/06/12

白いワンコ

十代二十代の頃のように必要な小説ではないけど、何かしらの示唆がやるせない気持ちにさせる読後感は変わらない。以下、作中書き出した言葉を二つだけ。21、22頁・免色の言葉「あなたには望んでも手に入らないものを望むだけの力があります。でも私はこの人生において、望めば手に入るものしか望むことができなかった」304頁まりえの心情「そして彼女はそういう自分を勇気づけてくれるものを、ひとつでも多く必要としていた」

2019/04/04

tokko

初めてこの本を読んだ時に、なんとなく村上さんが『グレート・ギャツビー』を書いたらこんな風になるんじゃないかなあ、という印象を持った。そして文庫化された今もう一度読み返してみてもその印象は変わらない。あらゆるものを手に入れることができる(けれど本当に手に入れたいものは手に入らないどこか心のバランスを欠いた)免色さん。語り手である僕は免色さんと出会うことで変化を遂げる。細かりディティールは違うんだけれど、そこにはギャツビー的な哀しさと美しさが漂っているように感じるんだけれど、どうでしょう。

2019/04/23

ponpon

物語の4/4。行方不明となった秋川まりえの行方を追うべく騎士団長の指令に従い、まさに往生しようとしている雨田具彦と面会をする。そこから不思議な体験が始まる。予想の通りというべきか謎は謎のまま終わるが、それは重要なことでは無いのだろう。ハッピーエンドも意外だが、どんな苦境に陥っても、何かを信じて前に進めば、やがて落ち着くべき所に落ち着く。そんな明るいメッセージなのは、震災後という時代性なのかな。歴史認識で?な感触もあったけど、面白く読めました。

2019/04/10

感想・レビューをもっと見る