読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニセモノの妻 (新潮文庫)

ニセモノの妻 (新潮文庫)

ニセモノの妻 (新潮文庫)

作家
三崎亜記
出版社
新潮社
発売日
2018-12-22
ISBN
9784101003719
amazonで購入する Kindle版を購入する

ニセモノの妻 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★☆☆19084 ①マンションに引っ越してから、なぜか他の住人の誰とも会わない。。夜、外からマンションを見ても我が家以外窓の灯りが真っ暗。。気になる〜。②人もアメーバみたいに分裂したら、どちらが自分だろ?などと考えた事はありますが、まさにそんな感じの話!アメーバじゃないけどね。③『坂』とは『斜面を人や交通機関等の利用に供するために道路として利用する形態』なので、人が通れなくなったり、通行出来なければ、坂は斜面に戻ってしまう!と。④断層の話で始まったので地盤のことかと思いきや、時空の断層だったか。。

2019/09/06

佐島楓

そこここに転がっている社会問題を、先鋭化した形で小説に仕上げている。そこにうまく恋愛とSFを絡めている。いずれの短編も共同体にコミットしようとしているという意味で、社会派と呼べるのではないだろうか。いつもながら興味深いテーマの数々だった。

2019/01/11

スカラベ

不条理な日常を描き出す三崎ワールド。今回、奇妙な世界への4つの扉を開けてしまうのは4組の夫婦。表題作や「坂」では、本来は血のつながりのない微妙な距離感の夫婦の絆について考えさせられる。ある日突然、自分がニセモノだという妻。数年前から忽然と「ニセモノ」が現れだした。正式な学術名称は「突発性真偽対分離症」。もちろん、本当にあるわけではない。相変わらずの突飛な発想に戸惑いそうになる。「断層」では、バカップル的なテンションの会話が続き、やや辟易とさせられたが、それが逆に涙を誘い、喪失の瞬間の切なさに輪をかける。

2019/04/07

Shoji Kuwayama

夫婦が主人公となる四つの短編集です。いずれもパラレルワールドが題材となっていて、非現実的なストーリーですが、引きこまれる様に読みました。禅問答のような世界であったり、時間軸が歪んだ世界であったり、虚構と事実が錯綜する世界であったり。不思議な世界観を味わいました。面白かったです。

2018/12/31

penguin-blue

よくも悪くも安定の三崎さん。当然のように生活の一部だったものが急に違う存在として捉えられたり、簡単にアクセスできなくなったり、さらには失われてしまう恐怖だったり。一人の人間と全く同じ「ニセモノ」が突然出現する世界を描いた表題作が一番好きかな。ある日妻が自分はニセモノなのでは、と言い出す。理由は「だって自分がホンモノだと思えないんだもの」。読み終わって不安になる…私は本当にホンモノの私?さて、そう思った時ホンモノだと信じさせてくれる人はいるかしら、それとも何となくニセモノのような気持で生きていくのかしら。

2020/01/22

感想・レビューをもっと見る