読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モオツァルト・無常という事 (新潮文庫)

モオツァルト・無常という事 (新潮文庫)

モオツァルト・無常という事 (新潮文庫)

作家
小林秀雄
出版社
新潮社
発売日
1961-05-17
ISBN
9784101007045
amazonで購入する Kindle版を購入する

モオツァルト・無常という事 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

筆者はモーツァルトのtristesseの典型例としてト短調クインテットK.516第1楽章Allegroの主題を提示(楽譜で)し、「モーツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない」と語る。人口に膾炙したくだりだが、我々はここに、天才批評家、小林秀雄を発見する。そして批評という行為が、まさしく創作に他ならないことをも同時に知るのである。本書にはモーツァルトをこよなく愛した小林の慧眼を随所に見ることができる。例えば、ワーグナーのモーツァルトの主題論を受けて、それが驚くほどに短いものであることを指摘するなど。

2013/01/04

キック

高校時代、40歳の頃と2度とも冒頭の「モオツァルト」で挫折し、今回が3度目のチャレンジ。同氏は、歌謡曲は「低劣」でクラッシックは「高尚」と考えるステレオタイプの批評家であると理解できた程度で、敢えなく挫折。今回はその後の章も読みましたが、文字通り字面を追ったというのが正確なところです。高校の授業で「同氏の文章は名文である」と教わりましたが、理解できない人は相手にしないと割り切ったような、傲慢かつ難解な文章が果たして名文と言えるのでしょうか?今回をもって「小林秀雄」への挑戦は終了とします。

2022/01/04

Mijas

「無常という事」が心に残っていたため手に取った。「解釈を拒絶して動じないものだけが美しい。」いい文章に出会ったとき「絵巻物の残欠でも見る様な風」に心に浮かぶと言う。文学から音楽、絵画にいたるまでその芸術性の真髄が言葉で表現される。「西行」論では、花月を詠じていても西行の「いかにかすべき我心」の声が、「実朝」論では、実朝の哀しみが聴こえてくる。戦時中に書かれた文章と知ると、一層哀感が増す。実朝の「無垢な心」が乱世に引き摺られていく「かなしみ」。詞の微妙な動きは「人にはわからぬ心の嵐」。眼で聴く音楽のよう。

2017/04/07

zirou1984

批評というのは小説と同様、創作行為に他ならない。ただし小説では時に作者は物語の陰に隠れられるのに対して、批評において言葉は作者そのものであり、語るべき対象ですら自身を写す鏡という違いがある。だからこそ知性と意思によって磨き上げられた評論は、抜き身の刀と向き合う様なスリリングな興奮が味わえる。近代人の権化たる小林秀雄の語り口は個人的であると同時に社会性を帯びており、戦後最初に発表したモーツァルト論は彼による敗戦後論とも受け取れる。そう、彼の語るモーツァルトと同じく、小林秀雄もまた歩き方の達人であったのだ。

2014/01/08

けぴ

表題のモオツァルトは読みにくかった。戦前に書かれた前半の作品と比較して後半の6作品は比較的読みやすい。骨董と古美術に関する記載が面白い。骨董はいじるもの、古美術は鑑賞するもの。いじってこそモノの価値がある。なるほどでした。

2020/10/24

感想・レビューをもっと見る