読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三四郎 (新潮文庫)

三四郎 (新潮文庫)

三四郎 (新潮文庫)

作家
夏目漱石
出版社
新潮社
発売日
1948-10-27
ISBN
9784101010045
amazonで購入する

「三四郎 (新潮文庫)」の関連記事

日本人なら読んでおかなきゃヤバい! 夏目漱石おすすめ作品まとめ

 日本近代文学の巨峰として、今なお高い人気を誇る夏目漱石。日本人の私たちが文学の世界に浸るためには、彼が外せないことは言うまでもない。高校生の頃、教科書に抜粋された『こころ』の一部を読んだという方も多いことだろう。その一部にとどまらず全文を読んでみると、より一層作品の世界を楽しめる。

 近代文学にお堅い印象を持つ方も、漱石を読んでいくうちにその印象は少しずつ変わってくることだろう。漱石の作品は鋭い風刺やユーモアに溢れ、また彼自身の人となりもふんだんに滲み出ている。学生時代に頭を抱えながら読んだという人も、大人になった今になって読み返してみると、新たな発見に心躍らされること間違いなしだ。本稿ではそんな夏目漱石の不朽の名作を5選、ご紹介したい。

■人に裏切られることの地獄。人を裏切ることの地獄。―『こころ』

『こころ』(夏目漱石/新潮文庫)

 人間のエゴは、時として親友をも裏切り、また自身も裏切られる。主人公の少年が「先生」と彼の亡き友「K」の過去を知るというストーリーで、死に至る人間の心の過程を主題とした不朽の名作。

あらすじはこちら

■猫目線の風刺とユー…

2018/9/16

全文を読む

【1分間名作あらすじ】夏目漱石『三四郎』――チェリー・ボーイの切ない失恋

『三四郎 (新潮文庫)』(夏目漱石/新潮社)

 熊本の高等学校を卒業し、東京帝国大学に合格した真面目な主人公の三四郎は、23歳だが女性経験がない田舎者。女性と共に相部屋で一晩を過ごすが、気を遣うばかりで手も触れず、「度胸のない方ですね」と別れ際に言われる始末。

 東京の喧騒に辟易していた三四郎は、自由気ままで美しい美禰子(みねこ)という都会の女性に出会い、一目惚れする。その後三四郎は、大学の友人の与次郎、同郷の先輩の野々宮、英語教師の広田、野々宮の妹のよし子らとも交友を深める。

 ある日三四郎は、彼らと菊人形の見物に出かける。途中で美禰子は気分が悪いと言いだし、三四郎と彼女は一行から離れる。彼女は三四郎に、「迷子」の英訳は「stray sheep」であるのだと話す。石を飛び越えるときに美禰子は躓き、三四郎に抱きかかるように倒れ、彼の腕の中で「stray sheep」と囁いた。

 三四郎が美禰子に誘われて画家の原口の絵画展へ行くと、そこで野々宮と鉢合わせる。美禰子は野々宮をもてあそぶかのように、三四郎に囁く素振りをする。彼女のそんな態度に腹が立つと同時…

2018/9/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

三四郎 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

明治40年の東京、あるいはその頃に地方から上京して東京帝国大学に入学した三四郎のような境遇の青年たちの気概はよく伝わってくる。ただ、主人公の三四郎にしても美禰子にしても、近代的な自我の萌芽はあるものの、結局は自分自身がどうしていいのかはわからない。そのことは美禰子が三四郎に語る「ストレイ・シープ」に象徴されている。美禰子は三四郎に想いを寄せていたのだろうが、それもまた彼女自身にも確信できないままだったに違いない。「青春を信じない」漱石の青春小説に明確な指針や解答はないし、だからこそ続編が必要だったのだ。

2012/10/07

SJW

東京大学に入学するために熊本から上京した三四郎の周りで起こる受動的な日常(友達、学業、恋愛など)の生活を描いた青春小説。小説としては面白くないが、明治時代に漱石がどのようなことを考え、会話していたのかについてはとても興味深く、そのような観点で読むと面白かった。三四郎、もしくは漱石のキャラかもしれないが、不躾に人の様子を細かく観察していて、会話も成立しないほど答えずに無視したり、話を逸らすなどしていることには違和感があり、時代の違いなのか、インテリゲンチャの特徴なのか、答えは得られなかったが、明治時代の漱石

2018/03/14

Major

僕個人としては、美穪子という女性は『三四郎』の文中でも書かれている通り(三四郎の見解)第三の世界に住まう住人でありながらも、美穪子自身はこの3つの世界にまたがって住まうと考えているのだと僕は思う。ということは、漱石がそのように考えて造形した女性だということも言えよう。そこに、そこはかとない頼りなさげな(=憐れな)第二の美しさ(第一の美しさは、言わずもがなのあの凛とした『草枕』の那美にも見られた近代的知的女性の美しさ)を僕は観る。(コメントへ続く)

2015/01/03

康功

漱石の中で一番好きな作品。友情、恋愛、学問の狭間でうごめく青春期。田舎から都会へ出てきた三四郎が、洗練された女性に抱く恋心。それを諭す広田先生は、理性の象徴。一連の人間関係は、著しく進められる西欧化の波を危惧する作者が、皮肉たっぷりに日本らしさも大切である事を説いている作者の隠喩である。ストレイシープ。迷える羊は、三四郎であり、大日本帝国の事なんだと思った。学生集会で、そのヒントが読み取れる。ああ、青春、そして日本の行く末に期待と不安が入りまじり、作者はどんな人生を歩んで行くのだろうか?間違いなく名作だ。

2015/11/10

yoshida

以前から積んでいた作品。小川三四郎は東京帝大に入学する為に熊本から東京へ出る。学問と様々な学友、そして里見美禰子に出会う。両親が亡く、進歩的な雰囲気を持つ美禰子に三四郎は惹かれ翻弄される。夏目漱石の作品は「こころ」や「坊っちゃん」を読んできた。本作は登場人物の感情の動きが見えづらい。繰り返し読むと分かるのだろうが、人物それぞれの好意や思慕の感情があまり把握出来ず。ただ、文体や表現の美しさは、現代では失われた輝きを持つ。三四郎が風邪をひき、蜜柑を食べる情景の美しさは印象的だった。次は「それから」を読もう。

2019/02/03

感想・レビューをもっと見る