読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

草薙の剣 (新潮文庫)

草薙の剣 (新潮文庫)

草薙の剣 (新潮文庫)

作家
橋本治
出版社
新潮社
発売日
2021-01-28
ISBN
9784101054193
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

草薙の剣 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベイマックス

冒頭に10歳づつ違う6人の登場人物が発表される。さらに、6人の両親の生い立ちから語られる。人物が変わるごとに、関東大震災以前頃からの時代背景と歴史的事件が行ったり来たりで語られる。少し混乱する。そして、この小説は何なのだろう?大正・昭和・平成の戦中戦後の統括なのか?エピローグの最後、『「自分はなぜこんなところにいるのだろう?自分のいる、この暗い所は何なんだろう?」と、改めて思った。』と締めくくられている。作者も含めて多くの現代日本人が抱えている思いなのだろう。◎また、どうしてこの題名なのだろう?

2022/02/27

武井 康則

「二十世紀」を書いた著者が、流れる現代史を書きたかったのだろう。10年ごとの6家族で戦中から平成までを描く。その家族に接点はない。事件にも直接かかわらない。6つの短編でなく同時に描くため、時には読みにくくなる。注目すべきは解説。末木文美士は作品の構成から他の評論評価まで引用しすばらしい解説にしている。その解説で本書を失敗作だという。確かに特に最終章など、無責任としか思えないが、力作であり、無駄な作とは思えない。文学的には失敗でも、あって良い作品だ。

2022/05/14

スリーピージーン

戦後年表を見ているようだ。登場人物の名前の意味に気づくのが遅かった。ああ、両親とその兄弟姉妹などがそんなこと言っていたな、そんな事件ももあったなと、自分の平凡な人生をなぞるようでこそばゆい感覚。

2021/07/21

shouyi.

舞台は現代、主人公は10歳ちがいの男6人。彼らには何の接点もない。そして最後までまったく関わる事も無い。語られるのは、彼等と彼等の両親、或いは祖父母も含めた3代の歴史だ。彼らの個人史が社会の流れの中で語られる。別に歴史に名を残すでも無くどこにでもあるような生活との格闘。そして死んでいく。6人全ての歴史が刻まれるが、そのうちだれがだれなのか区別がつかなくなった。改めて橋本治という人は小説家だったんだなあとその力量を感じた。本当に残念でならない。

2021/02/09

Tom

この物語にヒーローはいない。主人公は12~62歳の6人の男性だが、その両親世代のエピソードもある。舞台は昭和初期から現代(2015年あたり)の日本。戦前から戦中を経て戦後あたりまでは、人々が必死に生きている感じが伝わってくる。だが、特にドラマチックな出来事が起きるわけでもなく、登場する人間も、金持ちだったり学歴が高かったり、逆に極端に貧乏なわけでもない。そこにいるのは、ただの「普通の人」だ。思慮が浅く、視野が狭く、自分のことしか考えていない普通の人々だ。そういう人々を嘲笑うわけでもなく、淡々と描いている。

2021/05/06

感想・レビューをもっと見る