読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

友情 (新潮文庫)

友情 (新潮文庫)

友情 (新潮文庫)

作家
武者小路実篤
出版社
新潮社
発売日
1947-12-29
ISBN
9784101057019
amazonで購入する

友情 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

新潮百冊】読めども、読めども、ぬかるみのようで這い上がれない感が残る。作者なのか、主人公なのか、心の動きが自分と同じ速度のようで、 追い越すことも追いつくこともできない。武者小路実篤とは別の方向に進むことによってしか、解決はできないのかもしれない。夏目漱石、芥川龍之介の次に武者小路実篤の全部読みをしようと思ったまま時間が止まっている。解説:亀井勝一郎。やや古い感じ。できれば「イニシエーションラブ」との対比で語るといいかも。男性視点だけではいかに不足か。

2014/07/02

ちなぽむ

愛しいひとを尊敬することはままあっても、尊敬出来ることが愛することの必要条件ではないことを、貴方はご存知ないのですね。聖女のように崇められた私に、いつ減点されていくかと毎日肝を冷やしながら共に暮らせと仰るのかしら。結局あの方にとって必要なのは私ではなく崇拝する為の偶像だということを、私は最初から知っていました。なんて言ったら貴方はそうではない、と仰るでしょう。美しい友情結構。否定する訳ではありません。ですから、私の貴方への愛も否定しないと、きっと約束してくださいませね。貴方が愚かでも、愛しています。

2020/03/07

tatsuya

時代を越えてもモテる男とモテない男という概念は共通している。異性にモテない著者はモテない人物を描くのが上手で、モテる著者はモテない気持ちが分からないので描けない。モテなくて性格が歪んだ著者は登場人物の心が歪んでるケースが多い。武者小路は男心をまっすぐに巧みに描けていると感じた。これを読んだあとにブルーハーツの「君のため」を聞いたらとてもしっくりくるモノがあった。恋愛はピュアになりすぎると上手くいかない。

2016/10/05

ケイ

自分の気持ちを押し隠して友の背中を押そうとするのも、自分の気持ちを押し通すために友に思い切ってそのまま伝えるのも友情、そしてその気持ちを、泣き、感謝し、怒って受けとめるのも友情である。失恋はつらい、孤独で、立ち上がれなくなる、しかし絶望してはいけないという実篤氏のメッセージが自序に最初に示される。「本当に愛し合うものは結婚すべき。結婚は大事なことにはちがいない、しかし唯一のことではない」これは、失恋した者へのエールだろうか。ただ。男の友情を描くために、杉子の性格が大胆に描かれすぎている気がした。

2013/06/27

♡手乗りタイガー♡

文才…っていうのはこういうことか。吸い込まれる様に読破!冒頭にオチ持ってくるのがまずテーマは「失恋」ってわかりやすい、これでオチは読めてるんやけどそこまで行く過程が描かれててワクワク!心情が伝わりまくった。主人公ね…重い!そして妄想狂!からのポエマーwどうしたものかこれw相手に理想を押しつけすぎやなー。プライドも高いしな!恋心を持ってるんやから気になって仕方ないのにプライドが邪魔してる。でも…もしかしてこれが人間の素直な本質、なのかな?↓

2014/08/26

感想・レビューをもっと見る