読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏草冬濤 (上) (新潮文庫)

夏草冬濤 (上) (新潮文庫)

夏草冬濤 (上) (新潮文庫)

作家
井上靖
出版社
新潮社
発売日
1989-06-09
ISBN
9784101063331
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏草冬濤 (上) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SJW

上巻は井上靖の沼津中学3年の時の自叙伝。自分が高校入学前の春休みに「しろばんば」を読んで、その後、高校1年生の夏休みにこの「夏草冬濤」を読んだことを思い出し、井上靖の少年時代に思いを馳せノスタルジーに浸った。当時は自分とは異なる環境で起こる日常の事が新鮮で引かれていったが、今読むと自分と比べて幼稚な主人公「洪作」の日常に驚く。今から考えると自分は洪作に比べて大人だったのかと意外な感想となった。でも洪作の成績が下がっていく物語に恐怖を感じ、この本を読んだことが勉強に打ち込んだきっかけにもなったことを(続く)

2018/04/05

のっち♬

伯母の家から沼津の中学へ通う洪作は、自由な空気を知るにつれて次第に成績が落ちていく。『しろばんば』に続いて飾ることなく少年の成長を描いた自伝的小説。田舎から出てきた少年から見た地方都市の様子が生き生きと活写され、人物描写も精彩豊か。意気地なしな17歳の洪作や友人たちによる逸話が魅力的で、鞄を無くしたり、従姉妹から逃げたり、不良に頬を叩かれただけで運送屋に泣きついたりと、男の情けなさや不器用さを描くのが実に上手い。帰省編では冷遇する友人に物悲しさを覚えると共に、おぬい婆さんを褒める祖母に暖かいものを感じた。

2020/12/24

遥かなる想い

しろばんばに続く井上靖の自伝的小説。作者の旧制中学校の青春。読んでいてなぜか楽しくなるのは良き時代への 憧れなのかもしれない・・大正の学生の方が大人に見えてのは なぜなのだろう。

まさみ

小学校時代優等生と言われた洪作が 沼津に移り住み また親元ではない所で中学校生活を送り始め 少しずつ大人になる心の変化や友人との付き合いがとても細かく描かれていたと思います。洪作が「しろばんば」時代に過ごした湯ヶ島に数年ぶりに帰省し 祖父母が暮らす上の家に行き 家が半分になってしまい洪作が心の中で悲しんでる表現や 自分と違い中学校に上がらずに地元で働く小学校時代の友人との会話が 大正時代の現実を感じさせられるところでもありました。

2013/09/01

さゆ

この本を最初に読んだのは、もう30年以上前だ。もしかすると40年近く前。その頃の私はこの本の洪作少年の気持ちを、表面的にしか、解っていなかったかもしれないと、今、再読して思う。けれど、表面的ではあったかもしれないけれど、その一方で深い部分も、意識下で共感していたようにも思う。上巻終わり、洪作少年の、おぬい婆ちゃへの思慕がせつない。そして下巻は藤尾たちが大活躍になるのだ。楽しみ。再読してよかった。

2012/09/22

感想・レビューをもっと見る