読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

作家
星新一
出版社
新潮社
発売日
1971-05-25
ISBN
9784101098012
amazonで購入する Kindle版を購入する

ボッコちゃん (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

星新一さん初読みだったのですがかなり面白く読めました。よくもまあこんなにショートショートが次々思いつくもんだと驚きました。オチもしっかりあるし、どんでん返しも想像していない展開だったりして終始続きが気になる作品でした。基本SFや宇宙モノですが、近い将来ありえそうな話もあって、時代の先行く人だなと感心しました。

2016/07/24

Tetchy

星新一入門編として最適の1冊です。

2008/08/29

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️またまた子供の本棚から拝借。久しぶりの星さんの本です。僕が生まれた頃の本なので随分古い筈ですが、何とも懐かしい感じはありましたが、全く古さは感じられず、逆に新しいような気さえしました。子供が何処で知ったのかわかりませんが、私も丁度中学生ぐらいの時に読んでいたので何となく理解できます。超短編なので50編もありますが、様々な要素を取り入れていて風刺が効いていて飽きさせない名著でした。

2014/12/28

小梅

勝手に星新一月間。何十年ぶりかの再読。先日再読した「悪魔のいる天国」で「ボッコちゃん」の中に重複した作品があると、あとがきにあったので続けて読みました。50編もの作品全てが秀逸です。

2017/09/27

月讀命

今まで3人のボッコちゃんを買いました。最初の彼女は30年位前に購入し、最近再読しようと思ったら、昔の文庫は活字が小さくて読めません。それで2人目の彼女を買いました。通勤鞄に入れておいたら、何時の間にか家出してしまいました。それで3人目の新妻を買いました。その後、2号さんは、机の引出の奥で隠れん坊していました。彼女達の新しいパトロンを探すべく、年老いたボッコちゃんと2号さんをBook・Offに連れて行きました。2号さんは20円で引取られましたが、年老いた彼女は捨てられてしまいました。可哀そうなボッコちゃん。

2010/04/30

感想・レビューをもっと見る