読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛の試み (新潮文庫)

愛の試み (新潮文庫)

愛の試み (新潮文庫)

作家
福永武彦
出版社
新潮社
発売日
1975-05-28
ISBN
9784101115061
amazonで購入する

「愛の試み (新潮文庫)」の関連記事

恋愛をやめたら退屈で窮屈。身近な世界を広げてくれた、小さいコトの話【読書日記16冊目】

2020年1月某日

 年が明けて春の匂いが感じられるようになり、どん底の体調がほんの少し上向いてきたとき、私はあぁ退屈だなぁと思った。

 退屈でなかった頃はどうやって過ごしていたかというと、好きな男の人のことばかり考えていた。言い換えると今は、体調不良などのいろいろな事情で、恋愛というか人を好きになることから努めて距離を置いている。

 こんなことを言うのは恥ずかしいことだとわかっているけれど、ほんの数カ月前まで、私は本当の意味で自分のことを考えられていなかった。脳内のリソースをそこに割いていなかったと言ってもいい。生まれてからずっとそう。好きな男の人のことの前は、母のことばかりが頭にあった。そんな私は、常に母や好きな男の人を参照しながらでしか物事を考えられなかった。それがすなわち相手のためになっているかはまた別の話だし、ましてや彼らを責めたりする気持ちなんて更々ない。ただ、いずれにせよ余白がなかった。だから、退屈を感じることもなかった。

 すべての時間を自分のために使えるようになって、なんて自由なんだと思った。肩の荷が下りて解放されたような気分だった。…

2020/1/27

全文を読む

関連記事をもっと見る

愛の試み (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

誰でも(かどうかは厳密にいうとわからないが)一時は苦しんだことのある愛のかたち。こんなにあっさりと一般化というか文章化できるものなのか・・・と敗北感に近い感覚を味わった。何度でも愛に身を投じることをいとわない人間は、存在そのものが不可解で、また、いとおしくもある。

2015/01/19

わっぱっぱ

「ワッパはごちゃごちゃ考え過ぎ。もっと自分の感覚を大切にしろ。」と度々言われるにも関わらず、こういう(観念的な)本に手が伸びてしまう私。愛に正解もマニュアルもないってことはわかってるのだけど。この苦しさを肯定してくれる何かを探してしまうのだ。「愛」以上に「孤独」という言葉が多く出てくる本書は、若者が指標とするには些か苦すぎるかもしれないがおよそ本源であろう。愛は自己の孤独を映す鏡であり、孤独を埋めるものではないと、不惑を過ぎたいま得心している。試みるとは己を賭すこと。恥ずべきは失敗でなくそれを畏れること。

2017/06/08

momo

まだ幼く純粋だった恋が終わりを告げた時、線を引きながら貪るように読んだあの頃。"孤独"という言葉の意味を深く理解しようともせず、自分は孤独ではないと無理に言い聞かせ"孤独"を嫌っていたあの頃。「愛は他者のものであって、決して自己の孤独を埋める為のものではない」胸の痛みと共に、何かが心の中にストンと落ちた。

2020/07/09

km

愛されることよりも愛することが大切。そんなことは分かってるつもりでも、さみしさとか苦しさを無視して相手を愛するのは精神的に体力がいると思う。受け身の恋愛ではなくて、愛することをする恋愛じゃなければ、いつまでも孤独と恋愛に恐れる人生になる。勇気のいる一歩を踏み出して、傷付くかもしれない危険地帯に足を踏み入れなければ、真に愛し愛されることにはならない。愛することが出来るようになれば、愛と孤独は人生を豊かにする要素になる。言ってることはよく分かるんだけど、それを本当に実践するのは難しい。

2017/07/27

つね

愛・孤独・魂・エゴ、幾度となく繰り返される言葉。一番知りたかった、愛することを「持続」させることについての示唆を与えてもらった。哲学的で一読しただけでは昇華出来ないくだりも多々あったが、総じて心の葛藤に対し言葉を尽くして語りかけてくれる。そして絶妙なタイミングで読ませてくれる挿話。気が付けば付箋だらけ。結婚生活に迷いが生じる時もあるが、それは当たり前なんだと、持続させるためにはそういう気持ちにもきちんと向き合うことは必要なんだと、力を与えて貰えた。これからの指南書。

2018/01/04

感想・レビューをもっと見る