読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫)

どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫)

どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫)

作家
北杜夫
出版社
新潮社
発売日
1966-06-01
ISBN
9784101131047
amazonで購入する Kindle版を購入する

どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

クプクプ

私は昆虫の標本を作ったことがある、虫屋です。この本も少年時代の愛読書です。久しぶりに読んだら、ある二人のカミキリムシマニアのやりとりが気に入りました。カミキリムシマニアの一人が珍しいカミキリムシを採集し、もう一人に自慢します。もう一人は何とかしてカミキリムシを交換してその珍しいカミキリムシを手に入れようとします。しかし、 カミキリムシマニアはそれに応じません。そして一時的に絶交するのですが、しばらくすると、「あなたのいない世界はつまらないです」「こちらこそ」と仲直りします。虫を通して人間を描いた良著です。

2018/03/01

北風

医者になる前は昆虫学者になるつもりだった北杜夫だけに、昆虫に対する並々ならぬ愛をヒシヒシと感じるエッセイです。好きな人が書いた愛情あふれるエッセイは読んでて清々しいですね。虫嫌いの僕でも楽しく読めました。

2015/01/05

ツバメマン

昆虫好きの著者による昆虫愛溢れるエッセイ集…といってしまえばその通りなのですが、とにかく文章が凄く上手いです!(←僕が言うのも何ですが…w)軽妙洒脱とはこのこと!(←僕が言うのも何ですが…ww)

2014/11/08

蛇の婿

昆虫の研究というのは特定の虫以外はあまりお金にならないので、それゆえに世界中に虫好きな人が存在するにもかかわらず、その生態の多くは謎に包まれているそうです。私もあまり昆虫には詳しいとはいえず、見たこともない、なんか毒でも持っていそうな変な虫が何かの拍子に会社の机を這いずっているのを見かけたりすると、まず悲鳴を上げて飛び退り、悪鬼の形相で殺虫剤と丸めた反故紙の束を持って世界からその虫の存在を消し去るべく闘いを開始するのですが、当然ですが虫にしてみればそれは悪意から私の前に現れたわけでは無いのですよねぇ…

2012/09/28

マサ

図書館で「北杜夫とどくとるマンボウ昆虫展」という企画があり、興味をもった一冊。その展示会ではこの「昆虫記」の抜粋とともに、本書で紹介されている昆虫の標本が展示されていた。本書にも昆虫の挿絵が所々にあるが、それらが実物の標本で見られることがうれしい。さて、本書は著者の素晴らしくキレのあるユーモアあふれる文章のおかげで、昆虫のことにほとんど無知の自分でも十分楽しくワクワクしながら読むことができた。北アルプスや西表島の話では目の前を蝶が飛んでいる映像が目に浮かぶようだった。

2019/05/11

感想・レビューをもっと見る