読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)

作家
北杜夫
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784101131122
amazonで購入する Kindle版を購入する

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

北風

「支離滅裂さを楽しむ」というのか、深く考えるより、感じるタイプのコメディ小説です。いささか悪ノリしすぎてる感じもしますか、キャラクターがとにかく曲者揃いで最後まで一気に読みました。

2015/04/05

くろすけ

およそ35年ぶりの再読。ひたすら懐かしく読んだ。この小説では「奇病」というデフォルメした形で表現されてるけど、人間誰しも一風変わった性癖とかこだわりとか、何かしら他人と違う部分を持ってるよね。それが「その人らしさ」を形作っていて、その凸凹がぶつかったりしっくりかみあったりすることで人間社会の悲喜劇を織りなしてるんだね。北杜夫のユーモア小説を読むと、嫌な人や変な人も含めたすべての人々に暖かい愛情が湧いてくるから好き。

2014/04/26

双海(ふたみ)

解説もふるっています。「だいたい、おもしろい小説に批評家が解説をつけるというジャーナリズムの習慣がおかしいのです。おまけに、その解説がつまらないものだったら、それこそ眼もあてられませんね。だから、読者のみなさんは、この解説を読んで、批評家という人種はこんなにおもしろい小説を読んで、こんなにつまらないことしか考えられないのかしら、と軽蔑するでしょう。」

2014/08/31

ネムル

タイトル買いした本。奇病抱えの人間が有象無象入り乱れ……という期待通りには行かなかったが、楽しく哀しいユーモア小説になっている。

2010/10/29

c2c

大好き。年間ベスト10に入るくらい。

2011/09/07

感想・レビューをもっと見る