読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)

作家
山本周五郎
出版社
新潮社
発売日
2019-02-28
ISBN
9784101134864
amazonで購入する

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KEI@ I ☆ YOKOHAMA

10代の頃に出会った山本作品の記念すべき1作目。江戸下町の風情や人々の姿や人情を横糸に、その時代の討ち入りや大火、大地震を縦糸に見事に織り込みながら今回も一気読みでした。【柳橋物語】主人公のおせんは庄吉を待ち続ける事で、かなり辛酸を舐める事になりますが、幸太の想いに気が付く下りでは、何度読んでも涙が出てしまいます。【むかしも今も】親方から「まきを頼む」と言われた直吉がそれを守る愚直な姿は前述の幸太にも繋がり一途な2人の男の姿がなんとも言えません。時代小説がお好きな方で未読の方に是非お薦め本したい本です。

2019/12/19

tengen

敗れ庄吉は旅立つ。おせん待っててくれるか?そして幸太になびかないでくれと。おせんはその言葉にほだされた。「待ってるわ」幸太との縁談話が持ち上がるが断る。祖父が倒れると幸太の世話になるが、もう来ないでくれと突き放す。だが大火事の日に幸太はおせんの元に駆けつける。死んでも守る。そして幸太は火事からおせんを救い死んでいった。☆愚直な直吉はおまきの子守が生きがい。だがおまきは後輩職人の清次と祝言を。親方から死に際、後見になっておまきを守ってくれと頼まれる。清次は博打にのめり込んでいたのだ。直吉一層の献身が始まる。

2019/12/19

雲國斎

ここんとこ、山本作品をまたちょくちょく読んでいる。「むかしも今も」は、おまきの言葉(何と言ったのかはぼかしてあるが)を聞いた主人公直吉が、顔を赤らめる場面で終わる。娘のおまきを頼むという主人の言葉を必死の思いで一途に守り通してきた直吉。愚直だが実直な主人公が最後に見せる様子がほほえましかった。原田マハさんの寄稿も良かった。

2019/08/03

ふぅ

おせん、これからはきっといいことが続くよ、きっとね。今までだって周りの人に助けられ、まっ、中にはいろいろ言う奴がいたけどね、いい人たち救われて生きてきたんだから。直吉、やっとだね。あなたの生き方は素晴らしいよ、涙がでる。最後に救われる2つの話。

2020/10/10

こなな

可哀想すぎる。しっとりとした気持ちになる。

感想・レビューをもっと見る