読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金閣炎上 (新潮文庫)

金閣炎上 (新潮文庫)

金閣炎上 (新潮文庫)

作家
水上勉
出版社
新潮社
発売日
1986-02-27
ISBN
9784101141190
amazonで購入する Kindle版を購入する

金閣炎上 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

そうたそ@吉

★★★☆☆ 金閣寺放火事件について思うに、自然と想起されるのはこの作品と三島由紀夫「金閣寺」ではないかと思う。後者は三島由紀夫の美意識が最大限に表現された文学的作品であるのに対し、こちらはどちらかといえばノンフィクションにも近い記録文学のような作品になっている。そのため事件そのものについて興味があるなら、こちらを手に取るのが適しているかと思う。個人的には小説かと思って読んだのでやや期待していたものとは違ったが、綿密な取材の元に書かれた内容は非常に重厚なものである。思ったより犯人が普通の人物だった気がする。

2014/07/31

活字スキー

【私は金閣寺を見ていて僧になることがいやになって了った。あんなものがなくなれば、師匠もあたりまえの禅僧にもどれるだろう。皆の目をさますためには、自分さえ死ねばいい。死んで、金閣を焼いて、あの男は大きなことをやったな、といわれたい】 かの『金閣寺』より二十余年を経た後に、金閣放火犯・林養賢と同郷にして修行歴もあり、事件を起こす前に本人と会ったこともある水上勉がまさしく「地を這うようにして」書き上げた渾身の実録体小説。若干の創作も含まれるが、架空の溝口ではなく、実在した林の物語としてのリアリティは圧倒的。

2019/12/11

シュラフ

昭和25年7月の金閣寺炎上の犯人である林養賢の心情を迫った小説。内容的にあまり心躍るような性質の小説であろうはずはなく読み終えるのに時間がかかった。吃音による劣等感にさいなまれただろうその暗い青春時代からか、他者との協調に欠ける部分もあったようである。そして貧乏なわが身と拝観料収入により裕福な金閣寺を比べて、若者らしい狭い視野による原理主義的な批判精神。だが、養賢がなぜ金閣寺に放火したのかという決定的理由は水上勉も分からないという。あきらかなのは青春時代の若者に心の闇があったということだろう。

2015/02/04

michel

★4.2。ノンフィクションの逸作。林養賢はなぜ金閣を焼いたのか。観光寺院で彼の目に写った金閣は美しかったのか、醜かったのか。なんとまあ、三島金閣との相違。今、彼には安らかに尺八を吹いていて欲しい。

2019/07/16

takaC

物語というよりも寧ろルポといった感じ。読み応えはあるが読み疲れた。

2011/06/04

感想・レビューをもっと見る