読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花神(下) (新潮文庫)

花神(下) (新潮文庫)

花神(下) (新潮文庫)

作家
司馬遼太郎
出版社
新潮社
発売日
1976-09-01
ISBN
9784101152196
amazonで購入する Kindle版を購入する

花神(下) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

あっぱれ❗幕末の天才、大村益次郎物語の最終巻。事前に完璧な作戦と段取りさえしておけば、どんな戦いだろうが勝って当たり前と。無愛想で必要のない言葉を発しない天才は、きっと今の時代ではなかなか上手く生きられないと思う。いや、彼のような天才変人を上手く使いこなせる人がまずいない、その点では、桂小五郎は人を見る目あったんだな。重要な仕事したと思う。印象的な箇所は、多額の金を大隈重信から奪った(?)ところ。これが全ての決め手ですかね‼️ イネとの再開も良かった、イネの思いが切ない!明治維新の時代小説は面白い‼️🙇

2018/10/30

優希

幕府対長州戦での勝利は、維新の転換点となったようです。同時に、蘭学者が軍の司令官の地位を確実にしたように思えました。軍事の異才を発揮し、歴史の表舞台で革命の花を散らした益次郎。それは、幕末動乱に忽然と現れた軍事天分の持ち主のように感じられてなりません。時代によって生み出され、時代の道を歩んできた人物が大村益次郎だったと言えるでしょう。

2018/11/17

chiru

四境から攻めてくる幕府軍にひとつの藩が勝利し、蔵六が暗殺に倒れるまでを描く下巻。 表舞台に興味も野心もない蔵六が、新政府の総軍司令官となり、戊辰戦争では彰義隊を1日で壊滅させ、西南戦争を予見しアドバイスまで残す。 わたしは、蔵六が歴史の激流の渦中にいたというより、その外側にいたからこそ、門外漢でも信頼を得ていたような印象を持ちました。 でもまさしく、維新の成就に必要なストライカーの最も重要な1人だったんだと思う。 ★5

2018/02/28

はたっぴ

先日読んだ『武士の家計簿』の著者である磯田道史氏が、「NHK100分de名著」の3月号【司馬遼太郎スペシャル】で、司馬さんの『花神』を最高傑作と記していた。その言葉に惹かれて未読だった最終巻を熟読。主人公である長州の大村益次郎は頭脳明晰だが、合理主義で人間味に乏しい。それが共感性や情緒の欠如をもたらし、結果的には人々の怒りを買い、命を狙われてしまうとは残念なことだ。華々しく歴史を飾った西郷隆盛とは最後まで交わらず、単独行動を貫いた大村が、権威や金銭欲にとらわれず粛々と功績を残したことに感銘を受けた。

2016/04/18

レアル

軍事的天才と呼ばれた蔵六。その才を発揮し、総司令官となる。政治家ではなくあくまでも技術者でありたかった蔵六。幕末では彼の変人ぶりを容認できても、討幕後の彼を容認できる人は少なかったのが仇となる。蔵六を通じて幕末から彼の死までの時代を堪能。そして「花神」とは花咲爺だとこの本はいう。次世代への直観力が凄かった彼は花神の力をもって花を咲かせたい山がある事が分かったという。しかし花神をもっても、その花を咲かせたがらなかったところがあった。それが薩摩らしい。。次は「薩摩」を描いた「翔ぶが如く」を読みたい。

2015/01/23

感想・レビューをもっと見る