読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死ぬことと見つけたり(上) (新潮文庫)

死ぬことと見つけたり(上) (新潮文庫)

死ぬことと見つけたり(上) (新潮文庫)

作家
隆慶一郎
出版社
新潮社
発売日
1994-08-30
ISBN
9784101174181
amazonで購入する Kindle版を購入する

死ぬことと見つけたり(上) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

何度目かの再読です。「葉隠」という佐賀鍋島藩の武士の精神を時代小説にしたものです。鍋島藩のお家騒動と絡めて主人公たち武士の生きざまを生活感あふれる書き方でこのような小説にしては読みやすい感じがしました。佐伯さん描く主人公のようにはかっこよくなく無敵という感じではないのですが魅力ある主人公です。

2018/07/24

にし

武士道とは何か知りたくて「葉隠」の教えが武士道に通ずると知りこの本を手にしました。生から考えるか死から考えるかで生き方はかなり違ってきます。武士とは常に戦に備え「死人」として生きる事。その覚悟を持った浪人、斉藤杢之助のお話です。「死ぬことと見つけたり」そのまっすぐな生き様をもう少し見せてもらおう。

2013/12/10

只三郎

鍋島藩、葉隠武士を描いた本作。 死ぬ気になってやれば、何でもできるというが、彼らにこの言葉は無用だ。 彼らは、生きながら死人として生き、藩主のために死ぬことが当たり前である人々である。 そんな彼らだからこそ、損得勘定も関係無く、清々しく生きているように感じる。 そんな彼らを、何となく羨ましく感じてしまう。

2017/06/01

知人に薦められて。長いこと積読していましたがやっと読みました。 斎藤杢之助が超カッコイイです!無敵の強さ、冷静さ・・男の中の男で惚れます☆ 武士道って思っていた以上に極めているなぁとびっくりしました。毎朝、自分を1度死なせておいて生きるって精神が凄い。1度死んでるから冷静でいられるし死も平静に迎え入れることができるというのは納得。私も起き掛けに1度死をイメージするようにしてみようかなぁ・・・。 杢之助が我が娘に一人静の花を採って帰ってあげるシーンが一所懸命で可愛いです(笑)。

2014/02/23

ロドリゲス

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」という葉隠の精神を持つ佐賀鍋島藩、斎藤杢之助らの物語。 最良の行動ができる心境とは、自己を捨てたところ、すなわち自身が死んだ身であるという心境からの判断であり、そのような心境から得られる判断が、自分も含めた全体にとって最良の結果を生むところにある。 これは、現代社会においても通じる所があるだろう。しかし、行動出来ないだろうなぁ。 杢之助は「死人」として生きている為、下巻では死んでしまうのでは?とヤキモキしてます。 ★★★★★

2018/05/04

感想・レビューをもっと見る