読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カエルの楽園 (新潮文庫)

カエルの楽園 (新潮文庫)

カエルの楽園 (新潮文庫)

作家
百田尚樹
出版社
新潮社
発売日
2017-08-27
ISBN
9784101201924
amazonで購入する

カエルの楽園 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nayu

寓話。    ここまであからさまだと少し萎えるが、内容は笑えない。    だってそのまんまだもんそのまんま。    あまりにもそのまんますぎて空恐ろしい。    人(仮)はここまで愚かになれるのか。    「理想を抱いて溺死しろ」          思考を止めるな。

2017/09/11

本読みたぬき

安全保障問題に対して改憲派である百田尚樹氏が、その思想をカエルを擬人化した寓話の形で著したもの。グサグサ突き刺さる日本人への警告の書である。(他の国の人でもそうだろうが)日本人は特に、きれいごとの建前ばかりを見ていて現実を見ようとしない、エライ人に追従し自分の頭で考えようとしないところがある。私は改憲派ではないが、現実を見ることと自分の頭で考えることは心掛けたい。

2017/10/03

takaC

よく知ってる(人間の)国の状態にとてもよく似ている。

2017/10/29

りゅう☆

安全な場所を求めてソクラテスが辿り着いた楽園ナパージュ。三戒「カエルを信じろ、カエルと争うな、争うための力を持つな」に本当に守られてるのか?スチームボートがいるから平和なのか?南の崖にくるウシガエルへの対策にプロメテウスが案を出すも、遅々として進まない元老会議やデイブレイクの詭弁に悶々。子供を産もうとしないローラ達。二つに分かれたヌマカエルの国エンエン。嫌われ者のハンドレットにナパージュ「Napaj」などネーミングでこの寓話の面白さに気付いた。今後の日本への不安が募るが、ラストのような展開は避けてほしい。

2018/01/25

つぼ

群衆心理は恐ろしい・・・日本は大丈夫だろうか?  

2017/10/04

感想・レビューをもっと見る