読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

電車をデザインする仕事: ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫)

電車をデザインする仕事: ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫)

電車をデザインする仕事: ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫)

作家
水戸岡鋭治
出版社
新潮社
発売日
2016-10-28
ISBN
9784101206561
amazonで購入する

電車をデザインする仕事: ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

2016年1014冊め。電車のデザイナーなる仕事。当然そのような仕事が世の中にはあるのだろうけれど、あまりにも自分の生活からかけ離れているので一体どのような仕事なのかと興味深く読んだ。かけ離れているとは言っても、数えきれないほど乗っている電車であるので、関わりはあったわけである。プロフェッショナルから注目ポイントを教えてもらうと、次に電車に乗るのが楽しみになる。そしてこんな豪華な電車でいつか旅してみたくなる。

2016/11/27

saga

JR九州の特急列車のデザインで知った三戸岡氏の著作。前半はデザイン全般、後半に「つばめ」や「ソニック」など個別の列車デザインに関することを配した構成。JR九州のコンセプトであるD&S=デザイン&ストーリーという考え方が素晴らしい。基本的には観光列車に傾注しているJR九州だが、九州新幹線も含めて、乗客がゆったりと過ごせる座席数というデザインで列車を運行するというのは、経営的にアリなのだ。もし首都圏の特急列車で同じようなデザインがされたら、例え自由席がなかったとしても私は受け入れることができそうだ。

2018/08/24

リキヨシオ

日本初のクルーズトレイン「ななつ星」や九州新幹線「つばめ」などデザインを手掛けたデザイナー・水戸岡鋭治氏の仕事の流儀!鉄道車両という公共空間デザインを通じて人の人生にとってのデザイン力の大切さが語られる。公共デザインで重要な「予算」「スケジュール」「技術」の三要素、そんな仕事を円滑に進める為に必要な「比較をしない」「不都合を受け入れる」「対立構造は作らない」という基本的原則。デザイナーを志す人だけではなく社会人を目指す若者や部下を抱える上司達にもおススメしたい1冊!一度でいいから「ななつ星」に乗りたい。

2017/03/29

ぜんこう

前半部では、デザインやデザイナーに関する水戸岡さんの考え方を書かれていて、後半部はJR九州を中心としたデザインを手がけた列車などの説明。 TVで見るだけなんですがJR九州の列車を見ると嬉しくなります。 水戸岡さんのデザインと、それを受け入れるJR九州との見事な融合なんでしょうね。 九州に行きたい!

2016/12/16

ホシ

JR九州を誇らしいと思っている九州人は私ぐらいだろうか?魅力ある車輌・企画・CMを発信し続ける企業が自分の地元にある事は、とても嬉しいし誇らしい。私も九州のために何かしたいなぁ。…と日頃から思っていたが、JR九州の車輌デザインを手掛けた水戸岡氏曰く、私のように、地元民の個々の理想を向上させることがデザイナーの使命なのだという。この一節にシビれた。私は、まんまと水戸岡氏の術中にハマっていた訳です(笑)。私の仕事へのヒントもいっぱい。帰省の折は地元の電車に乗って、じっくり水戸岡さんのコンセプトを味わいたい。

2017/08/06

感想・レビューをもっと見る