読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沈黙法廷 (新潮文庫)

沈黙法廷 (新潮文庫)

沈黙法廷 (新潮文庫)

作家
佐々木譲
出版社
新潮社
発売日
2019-10-27
ISBN
9784101223292
amazonで購入する Kindle版を購入する

沈黙法廷 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

佐々木さんの作品は本当に久しぶりです。最初はこの本の分厚さにおそれをなし積読状態でしたが読み始めたらあっという間に読んでしまいました。最初は最近の流行の中山七里さんの弁護士シリーズみたいなものを予想したのでしたがまるっきり異なります。エンターテイメントが好きな方にはかたはずしのような感じになるのかもしれないのですが、検察と弁護士のやり取りなどは実際にあるような状況だと感じます。ちょっとした食い違いや見解の相違などがこのような対応を生み出していくのかなとも感じました。

2019/12/04

小説を最初に書いた人にありがとう

読了に要した時間は過去の五本の指に入る。決して面白くなかった訳ではない、ただ流れと言うか波が来なかっただけ。以前はこの作家の警察小説を読み漁っていた。その時の作風とは大きく変わっていた。確か以前の作品は複数の話が疾走し交錯する話が多かった。今作は法廷のやり取りを丁寧に書き進めていく。そこには法廷ミステリーのようなどんでん返しは無いが逆にリアリティーを感じた。

2019/11/27

タツ フカガワ

一人暮らしの老人が絞殺され300万円が奪われた事件で、家事代行業の山本美紀が捜査線上に浮上する。彼女が家事代行に赴いた家で、過去に二人の老人が不審な死を遂げていた。物的証拠は乏しいものの、検察は起訴に踏み切る。前半は警察小説、後半は法廷小説で、大冊なのにサクサク読み進む。面白いです。でもラストはもうひと捻りしてほしかったなあ。

2021/05/29

oldman獺祭魚翁

献本 なんとも評価が難しい本。警察物には定評のある著者だが、今回はプラス法廷物。しかしこれ再捜査が始まらなかったら、二審三審となったら疲弊するだろうなぁ。まぁ もし被告になる可能性が有ったら、良い弁護士を選任しないと行けませんなぁ(*_*) あっミステリーとしては……ウウム

2020/01/04

Akira Majima

2019-2020の年跨ぎ読了。前々から興味があったものの、佐々木譲氏は初読。警察小説・法廷小説・社会小説というあらゆる色を楽しみつつ、見えそうで見えない真実と主人公・山本美紀の人物像にミステリーの醍醐味となる興味を唆られながら読み進めた。また、真実に辿り着いたと感じられるラストに再度訪れる、少し鳥肌ものの恐怖を感じるミステリーにも凄みを感じた。解説で推薦されている映像版も拝見したい。

2020/01/06

感想・レビューをもっと見る