読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

作家
恩田陸
出版社
新潮社
発売日
2006-09-07
ISBN
9784101234175
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

「夜のピクニック (新潮文庫)」のおすすめレビュー

恩田陸の不朽の名作『夜のピクニック』!「みんなで夜歩く。ただそれだけのことが、どうしてこんなに特別なんだろう」

『夜のピクニック』(恩田陸/新潮社)

『夜のピクニック』(恩田陸/新潮社)は、10年以上前に出版され、今もなお多くの読者の心を揺さぶり続けている不朽の青春小説だ。

 とある街の進学校には、「歩行祭」という変わった行事がある。

 朝の8時から翌朝8時まで、途中休憩や仮眠をはさみつつも、高校生たちが長距離を歩き続けるという体力も精神力も必要とされる「ただ歩く」だけのイベントだ。しかし、高校生最後の行事でもある「歩行祭」は、卒業をひかえた高校3年生にとって、特別なものだった。

 学年ごとに歩く団体歩行を終え、後半の自由歩行では、それぞれが「一番の友達」とゴールを目指す。長距離を、しかも夜を徹して歩くという「非日常感」。そして極度の「疲労」が、いつもと違う「青春」を登場人物たちに与える。

 貴子(たかこ)は、この歩行祭で、とある小さな賭けをしていた。

 それは今年から同じクラスになった西脇融(にしわき・とおる)に関すること。

 貴子と融は、お互いの意思に反して「意識せざるを得ない複雑な関係」にあった。

 青春小説というと、「爽やか」「甘酸っぱい」という印象を持つかもし…

2018/4/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

夜のピクニック (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

毎年、秋に行われる「歩行祭」。朝8時に出発して翌朝の8時まで歩き通す、慣例行事。物語はその1日だけを描く。プロットの核になるのは、物語の語り手でもある融と貴子が共に抱える葛藤とその解決だ。まだ何者でもない高校生であることから訣別しようとする時のこの想いは、読者の郷愁を誘うだろう。たとえ、その先の現実が平板なものであったとしても。また、時間と空間の集約性と、登場人物の性格造形の役割は、本編に演劇的な効果を与えている。いわゆる「キャラ立ち」が、くっきりと明瞭なのだが、それはまたこの小説の最大の欠点でもあった。

2013/05/19

takaC

表向きにはただ歩いているだけの話だったけど、すごく良かった。読み終わってしまうのがもったいない。

2014/01/12

にいにい

久しぶりの恩田陸さん。僕の高校には、強歩大会とか強行遠足は、なかったな。でも、全国いろんな学校でやられているみたいだ。高校時代にこんな非日常的なイベントやってみたかったな。朝早くから少しの仮眠や休憩を挟みながら歩く場面がほとんどだけど、風景描写の素敵さと足腰への疲労の蓄積が実際に一緒に歩いている気分にさせてくれる。そうすると、若返って、青い悩みも共感される。友人のことを思う人。自己中な人、いろんな人物が楽しい物語を形作り、理想的な結果を生む。米国からのまじないは凄かったな。昔を懐かしむ一冊。良かった。

2015/02/24

再び読書

複雑と言えば複雑な主人公二人の関係ですが、小説ではそれほど奇異では無い。学校行事のロングランに伴い、高校生の色々な思いが錯綜する。飛びきりの結末があるわけでは無いが、何故か読後感は爽やかになる。何気ない言葉で、高校生特有の思春期の思いが、うまく描かれている。また榊杏奈の仕掛けも面白く、うまく纏まりすぎかも知れませんが、小説はこれが必要な時も有ります。

2013/01/23

kishikan

かつては、ベストセラーになった小説は読まないと決め付けていたが、最近思い直すことにした。他人が良いと感じているものもリサーチすべきだという思いからである。この小説は、田舎育ちの僕が満天の星空の下、友人たちと何キロもあるいた思い出など高校生時代を振り返させてくれる懐かしいにおいがした。現在の齷齪した生活の中で、ノスタルジックでもあり、ほのぼのとして読後の幸福感に浸れるそんな物語だ。また、文章にはさまざまな感銘をよぶ言葉が散りばめられ、もっと恩田を読んでみようと思うようになった。

2007/11/26

感想・レビューをもっと見る