読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オリンピア1936 ナチスの森で (新潮文庫)

オリンピア1936 ナチスの森で (新潮文庫)

オリンピア1936 ナチスの森で (新潮文庫)

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
2021-05-28
ISBN
9784101235264
amazonで購入する Kindle版を購入する

オリンピア1936 ナチスの森で (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥))

ナチスドイツの威信をかけて開催されたベルリンオリンピック。その全てを描いた記録映画の傑作「オリンピア」のように、日本選手達を描いたノンフィクション。当時は三段跳びや棒高跳びが日本のお家芸であり、サッカーや体操は全く人気のない競技だったとか、今とずいぶん違うのも面白い。単なるスポーツと平和の祭典ではなく、ヒトラーにより政治的に利用されたオリンピック。今ゴタゴタしている東京オリンピックもアスリート達よりはスポンサーの為のオリンピックとなっているのではないか?★★★★

2021/06/21

keroppi

図書館の新刊コーナーで見つけて。1936年ベルリン、ナチスのもとで開かれたオリンピックのノンフィクションだ。記録映画「オリンピア」の監督レニ・リーフェンシュタールへのインタビューが驚きに満ちている。彼女はナチスに利用されたのか、美を追い求めたのか。オリンピックそのものが、不可思議な祭典だ。世界平和と国の威信、極限を追求するスポーツと演出された祭としてのスポーツ、相反するような事象が渾然一体となって展開する。選手たちの活躍と共に人生も描かれる。喜びと苦しみと悲しみと。今、この時期に、考えさせられる本だった。

2021/06/19

まさ☆( ^ω^ )♬

面白かった。第二次世界大戦の直前に開催された、近代オリンピックの原点となったとも言われるベルリンオリンピック。大会に関わる人たちの証言によって、当時の世情や選手たちの苦労などが伝わってきます。上質なノンフィクションを堪能しました。

2021/06/11

ポン

これから行われるであろうオリンピアをよく知り、より考えるために

2021/06/19

なおこっか

沢木耕太郎は、自身の体験を綴った主観的なノンフィクションも影響力強いが、丁寧な取材で他者を描きだす客観的なノンフィクションも頗る強烈。本書は後者。現代のオリンピックを形づけた1936年のベルリンオリンピック。聖火リレーは、ここから。ナチスにより盛大かつ粛々と運営されたオリンピックだが、語られるヒトラーもゲーリングも只の一政治家、参加した選手たちも只の一アスリート、それぞれの熱量に差がなく表現されているので、読んでいるうちに冷静になってくる。大河ドラマ『いだてん』が案外歴史的経緯を把握するのに役立った。

2021/06/21

感想・レビューをもっと見る