読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

風の万里 黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫)

風の万里  黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫)

風の万里 黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫)

作家
小野不由美
山田章博
出版社
新潮社
発売日
2013-03-28
ISBN
9784101240572
amazonで購入する

風の万里 黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミュポトワ@猫mode

十二国記、エピソード4です。この巻も、歯がゆい! てか、途中からラストが想像できて、今回も見事に想定した通りで終わりましたが、でもね、陽子カッコイイ!! 物語としては正直、単調。なにせ、ラストが想像できるくらいですからストーリーとしては微妙なんですが、陽子がね、もうね、あり得ないくらいかっこよくてですね、惚れる! たぶん、これは作者の罠に見事に私は絡めとられたんだと思うのですけどね、陽子がね、かっこよくてね、陽子で支えられたエピソードだなとか思っちゃうんですよね もうね、見事に作者の術中に落ちてますねw

2018/07/22

南北

再読。鈴・祥瓊・陽子の3人は圧政を行う役人たちを打倒する動きに参加していくことになります。中国では古代から現代まで出身地に赴任することがないという慣習がありますが、十二国でも同様なのかもしれません。そのことが圧政を生む一つの要因になっているような気がします。

2019/08/02

本読みたぬき

上巻でバラバラだった3人のヒロインがある地方の反乱軍に合流して活躍する、安心のハッピーエンド。自分のダメな部分を自覚することから成長は始まるし、それには良い出会いが必要なのだ‼そして地位のある人はパワハラ気を付けて~

2019/10/25

NADIA

この数か月で大きく成長した少女たちが紡ぎ出した、これぞシリーズ最高の結末!! 慶の一地方の非道な地方官に抵抗するストーリーは先の展開が見えているのだが(しかも再読)、それでもワクワクドキドキ感が止まらない。お約束の終盤だけど、その爽快感はしびれる程だ。まあ、陽子の王気ったら、このまま1000年くらいの平和は約束されるレベルじゃないだろうか(^^; 日本にいたらただのJK。今更ながらだが、景麒の王探しの頑張りを褒めるべきだろう。慶は大王国になる予感。

2019/12/10

たち

王の道に悩んでいた陽子は色々な人々との出会いによって、正しい道を見つけたようです。そして祥瓊と鈴も又、様々な出会いで変わっていく…。ここに立派な景王の誕生ですね。とても読みごたえがありました。

2019/07/24

感想・レビューをもっと見る