読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)

作家
パラダイス山元
出版社
新潮社
発売日
2018-03-28
ISBN
9784101253923
amazonで購入する

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shoji

しかし、どんな世界にもオタクなりマニアはいるもんですな。私は社用で航空機をしばしば使います。航空会社の上級会員ステイタスを持っています。でも、社用なので、著者に言わせると「社畜(マイラー)」なる人物らしく、私は軽く軽蔑の対象になっていました(笑)。ハイハイ、社畜マイラーですよ。ですので、この本に書かれていること自体は特に新鮮味はなく、「どんな世界にもオタクなりマニアはいるもんですな」で終わり。はい、ちゃんちゃん!!

2018/04/30

ネコタ

あるときは高級餃子店店主、あるときは公認サンタクロース、さらにミュージシャンであったりするとても忙しそうなパラダイス山元氏の著作。どうやら飛行機が好きすぎてずっと乗っているらしい。1日11便に乗ったり、1年で1000搭乗だったり、そしてこの本も飛行機の中で大部分が書かれたというまさに搭乗愛にあふれる1冊。ホントに乗ることが好きで、到着してもそのまま帰ってくるらしい。ビジネスクラスの食事をずっと食べ続けるとかうらやましい。とても真似できない。

2019/03/27

S.Mori

マニアもここまでくると呆れることを通り越して、感心してしまいます。飛行機に乗るのが何よりも好きという著者のエッセイです。例えば羽田から札幌まで、ただ飛行機に乗るために旅に出るのです。東京から北海道に行くのなら、観光地を回ればいいのではと思ってしまいますが、そんなことはしません。札幌に飛行機で到着したら、別の飛行機ですぐに帰ります。著者はこのことを「タッチ」と呼んでいます。当然外国へも出かけます。お金の無駄遣いのような気もしますが、本人は大いに楽しんでいるので他人がとやかく言うことではないでしょう。

2020/02/08

bluemint

何なんでしょう、この人。目的地で何をするでもなく、乗ってきた飛行機でそのままとんぼ返り。1日で6回以上の搭乗で、年間1000回以上の飛行のリストが巻末に載っている。マイルの稼ぎ方がよくわからないが、よくお金が続くものだと感心する。飛行機に乗る事自体、上級会員となり良いクラスで優待を受ける快感、そのクラスを維持する事自体などが目的化しているようだ。60数年間で3回しか飛行機に乗ったことがない私にとって、読み終わってもなお理解できなかった。なお、著者は餃子研究家としても、ラテンバンドマンとしても有名。

2020/02/14

雪の行者山

序文を除いて、章立ての中の初めての見出しが「阿房飛行機」・・・百閒先生が用事がなくても列車に乗られるように用事がなくっちゃ飛行機に乗っちゃいけないのか?と、目的を持たないで飛行機に乗ることを純粋に楽しむ…原稿はすべて飛行機の中で書く・・・で書かれた本。お金がかかるねぇ。それさえクリアーすればやってみたいことではある。せめていちどだけ、プレミアムクラスに乗ってみたかったりする。語られるエピソードに飽きは来ない。おすすめしていいものかどうか。私は気に入った。

2020/06/23

感想・レビューをもっと見る