読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君が夏を走らせる (新潮文庫)

君が夏を走らせる (新潮文庫)

君が夏を走らせる (新潮文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
新潮社
発売日
2020-06-24
ISBN
9784101297743
amazonで購入する Kindle版を購入する

君が夏を走らせる (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さてさて

「あと少し、もう少し」で二区を走った大田君のその後を描いたこの作品。『-やいやいやい-と泣き出す鈴香』、なんとあの大田君が1歳10ヶ月の子供の面倒を見るアルバイトを始めるところから作品はスタートします。アルバイトと言ったってまったく経験のない育児は大変です。『ぶんぶー』、『でったー』、そもそも子どもの言葉なんて意味不明。何をやっても泣き止まない鈴香。そんな育児に奮闘する大田君の姿の中にまだまだ無限の可能性が残っていることを感じるこの作品。「あと少し、もう少し」の世界観の奥行きが深まるのを感じた好作でした。

2021/10/19

好きなジャンルのストーリーでは正直ありませんでしたが瀬尾さんの作品なのですらすら読了しました。子育ての大変さと喜びと苦労が手に取るようにわかります。鈴香の態度、瀬尾さんの実体験も入ってそうな感じでした。大田くんが学生なのに色んなことが出来過ぎていて大人で違和感もあるけど魅力的でした。

2020/09/01

mariya926

『あと少し、もう少し』のメンバーだった大田が高校生になり、先輩の赤ちゃんのベビーシッターをしながら現状を乗り越えていく物語。『あと少し』の続編だと知り図書館にリクエストしましたが、すっかり忘れていてラストで気が付きました(笑)ちなみに衝撃的な始まりは、この作家さんの十八番ですよね(笑)鈴香ちゃんは作家さんの願い通りに動いていて、可愛さを満喫できなかったのが残念ですが、それでも赤ちゃんの時期の物語を読むのは楽しいですね!この後が大変になるので手伝って欲しいというママの切実な願いは届かなそうですが(笑)

2020/09/07

hitomi.s

意外な存在が自分の大切になることがあるし、大切になった途端にひらける視野がある。そこを「なんとなく」で通り過ぎてしまうのは、楽ちんだ。見落とさずに、感じたり考えたり飲み込んだり…大変だけれどさ、悪くないよね。長い長い梅雨があって暑い暑すぎる夏になる。こんな時期にぴったりな本でした。大切におもう気持ちを、大切にして年をとっていきたいな。

2020/07/27

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

新潮文庫の100冊2020。ひょんなことから一夏のアルバイトで先輩の愛娘の子守りをすることになった主人公。思い出したのは下の子が生まれる時、一歳半の娘と二人で過ごした数日間。実の親でも大変なのに、金髪ピアスの高校生にできるのか?って思ったらなかなかやるなぁ大田君、グッジョブです!2、3歳の頃の子供って無条件でかわいい。「そりゃそうよ。100%の勢いで頼ってくるんだもん。でも、全力でこっちを向いてくれる時期って、本当短いよね。」と言う主人公の母が言う通りだと思う。子供達の小さな頃を思い出しました。★★★★

2020/10/23

感想・レビューをもっと見る