読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

撃てない警官 (新潮文庫)

撃てない警官 (新潮文庫)

撃てない警官 (新潮文庫)

作家
安東能明
出版社
新潮社
発売日
2013-05-27
ISBN
9784101301525
amazonで購入する Kindle版を購入する

撃てない警官 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サム・ミイラ

二作目の「出署せず」でも触れたが横山秀夫作品と隠蔽捜査シリーズのちょうど中間に位置するような作品。そこに佐々木譲氏のスパイスをひと摘まみ。事務畑一筋の柴崎さん、刑事なんて嫌いだし捜査などとんでもないと言いながらしっかりやってるのが可愛い。実は刑事に向いているのに自分では気づいてないのが面白い。周りはうっすら気づいてるのにね。頼られると断りきれないつまりは巻き込まれやすい性格も警察官としては好ましいと思うし、必ずや将来は大物になれる器なので署轄で腐らずキャリアを積んで頂きたいと思う一作目なのでした。

2015/05/16

ゴンゾウ

普通の警察小説とは異なる連作作品集。上司に責任を擦りつけられ左遷されたエリート警察官。とても読みやすく面白いのだが警察内部の隠蔽体質や汚職がテーマになっておりすっきりしない。本庁復帰を画策し続ける執念深さにもヘキヘキしてしまう。今作以降、柴崎はどこへ向かうのか?

2016/06/10

タックン

再読かと思うけど覚えてないなあ・・・・。シリーズを逆に読んでやっと柴崎が綾瀬署に左遷されてきた理由がわかった(撃てない警官)理不尽だなあ・・・。っで最後の(抱かれぬ子)では左遷の原因をつくった元上司への復讐と赤ん坊連れ去り事件と元警官の義父が複雑に絡んだ話になってるが曖昧なまま終わってるので消化不良。柴崎が警視庁本庁に復帰するまでこの戦いが続くような気が・・・。義父との関係も目が離せないな。日本推理作家協会賞受賞作の(随監)が渋くてよかったな。

2016/11/28

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

★★★WOWOWのドラマで田辺画伯が主役で、ちょ~面白い。まぁゲスい、潔さの欠片も無い、自己保身の固まりと固まりが、ぶつかり合ってネトッとする。ドロっと感がたまらないドラマ。我慢出来ずに読んでみた。原作も面白いンだけど、ドラマの方がまだドロドロしてて、好き(笑)事務方キャリア警察官柴崎が、警官同士の不祥事に巻き込まれ陥れられ、所轄に飛ばされる。ソコから這い上がろうとする物語。どの事件も解決してもスッキリしない、割り切れない、遣る瀬無い。が、リアル

2016/01/22

Yunemo

違った局面、管理部門面から記した警察小説とみれば、面白い、新たな興味を引き付けられました。人間関係、足の引っ張り合い等々、いわゆるサラリーマン世界に通じる部分が生々しい。さらに陰湿かもしれません。主人公、生身の人間として描かれていることに好感。経験がなく、それでも好奇心と上昇志向そして責任感旺盛、このタイプが経験のない職務において、新たな違った眼で本質を捉えることができるのでしょう。結局、「生きていくには、頭だけじゃなくて身体と行動なんだ」、そう言われていると感じて読了。気持の変化、次作に期待できるかも。

2014/07/13

感想・レビューをもっと見る