読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)

作家
小谷野敦
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784101306711
amazonで購入する

すばらしき愚民社会 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

魚京童!

http://kuzirappa.blog.fc2.com/blog-entry-1426.html

2014/02/09

ichiro-k

同意できる個所あるが、放言もあり。知り合いになりたくない人物。

2013/03/02

左手爆弾

本人も自白している通り、神経症気質なのだろう。内容を短く表すと「イライライライライラ...」といった感じ。各論に見るべき議論もないわけではないが、全体として「東大を卒業して常勤職をやってる人間」「ウケてる作家」への愚痴(正しい批判の箇所もある)が目立つ。結局、問題なのは愚民に媚びる一流大学を卒業した知識人なんだ!とか言い出した時は、どうすればいいのかわからなかった。あえて言えば、愚民とそれに媚びる奴らの「共犯関係」で成立するのが「愚民社会」なのであって、その関係を見定めなければ意味がない。ただのイライラ。

2014/07/15

kenitirokikuti

図書館にて。元になった季刊雑誌への連載は「大衆社会を裏返す」は2002年7月号から04年4月号。同年8月に単行本化し、07年1月に文庫化▲911からアフガニスタン戦争、イラク戦争。2ちゃんねるとmixi、はてな。禁煙。近代批判の社会学。わたしは小谷野氏よりも10才ほど年下だ。ぎりぎり「文学」が認識できるが、もう助走をつけて跳んでも足が届かない距離がある▲2ちゃんねるとmixiが死んだとは言わないが、この2020年における東方とアイマスの継続っぷりに比べると、先見するのはむずかしいなぁ、と思う。

2020/09/09

肉欲棒太郎

超面白い。帯文に「誰も言えなかった「正論」を、いま、世の中にぶちまける!」とあるものの、文庫版あとがきで「やたらと「本当のこと」を言って他人を傷つけてもいい、というのは間違い」と著者も言うように、昨今巷に溢れる凡庸な「反サヨク」「反PC」本の類とは一線を画している。「ポストモダニズムは「やけくそ哲学」」には笑った。

2016/11/30

感想・レビューをもっと見る