読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

流転の海 第1部 (新潮文庫)

作家
宮本輝
出版社
新潮社
発売日
1990-04-27
ISBN
9784101307503
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

父と子の関係を軸に戦後生活の有為転変を力強く描く、著者畢生の大作。

流転の海 第1部 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

むかしはかなり宮本輝さんの小説にはまり込んだものでした。ただしこの流転の海は単行本のときから読んでおらず、この新潮文庫で読み始めることにしました。全9巻になるとのことですが最初のときには5巻で終了する予定になっていたそうです。30年以上も書き継がれているある意味自伝的小説ということで、かなりこの父親像が面白く具体的に書かれています。親子の物語ということですが、当面は父親が中心なのでしょう。いままで宮本さんの小説というと最近は比較的軽めというかあっさりした感じでしたが、「川三部作」の頃に戻った感じがいます。

2017/03/10

新地学@児童書病発動中

傑作。400ページを超える長編だが一気に読める。戦争ですべてを失った松坂熊吾が大阪の闇市からもう一度自分事業を叩き上げていく。わがままで好色で、それでいて律義で情にもろい熊吾の人物造形が素晴らしく、読者は熊吾に引っ張られる形で物語の中に引き込まれていく。熊吾は人間としては欠点が多い人物なのだが、五十で授かった子供の伸仁に愛情をたっぷり注ぐといった優しさも持ち合わせている。熊吾が伸仁を可愛がる場面は本書の白眉の一つで、読んでいて胸が熱くなった。(コメント欄へ続きます。)

2015/03/12

遥かなる想い

宮本輝が父を描くということから読み始めた。1部は良い。ただし、その後が長い。もう少し早く出して欲しかった。

2010/04/28

chikara

ついにこのシリーズの再読を始めました! 何年ぶりかな。熊吾の理不尽さ、洞察力の深さ、大きさと小ささが全て魅力的である。 暫くは宮本ワールドの教訓の詰まった読書を楽しむとしましょうか♪

2015/01/18

かみぶくろ

筆者の父親の半生をモデルにしたという、第9部まである大長編の第1部。主人公松坂熊吾の、破天荒と繊細さを併せ持つキャラクターがとても魅力的。読みやすくも情緒が立ち上る文章も流石としか言いようがなく、戦後の昭和史を主人公と共に生きているような不思議な感慨にとらわれた。じっくりと読み進めていきたい。

2018/12/01

感想・レビューをもっと見る