読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スティグマータ (新潮文庫)

スティグマータ (新潮文庫)

スティグマータ (新潮文庫)

作家
近藤史恵
出版社
新潮社
発売日
2019-01-27
ISBN
9784101312651
amazonで購入する Kindle版を購入する

スティグマータ (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスを堪能した。3週間超もの競技期間、全体の総合優勝だけでなく様々なスポット勝負が設けられ、挑む競技者の戦略と栄光、人生自体に巨大な壁が立ちはだかる!『サクリファイス』から始まるこのシリーズ、今回は少し趣きが異なって、劇的に印象に残るシーンを主軸にせず、登場人物達の矜持と人生、心理に重きを置く。ただ語り手がいつもの『チカ』なので明快な描写ではないわけ!それが読み手に、物語内への主体的(客観的でない)入り込みを感じさせる。レースに同行・参加してる気分にさせる‼️🙇

2019/12/29

しんごろ

序盤からきな臭い展開。おいおいチカを巻きこむなよと思いながら読んでる自分は、作者の術中にハマってしまったか。どうしてもチカに感情移入してしまう。チカは面倒見の良いナイスガイ。私生活の中でもみんなのアシストしてる。ラストのチカには痺れた。これぞプロ。ホントにアシストという影に徹してる姿が格好良すぎる。チカのような、縁の下の力持ちとして自分は生きてみたい。個人的には、もうちょっとレースのスピード感と臨場感がほしい。それでも、自転車ロードレースの魅力を見せつけられた。チカよ!いつか晴れ舞台に上がってほしい。

2020/10/29

utinopoti27

近藤史恵が描くサイクルロードレースの世界「サクリファイス」シリーズ最新作は、ツール・ド・フランスを舞台にした、『堕ちた英雄』の生き様がテーマだ。お馴染み日本人レーサー・白石誓の抑えた語りが、勝負に賭ける男たちの物語を切々と紡ぎあげる。復帰レースを前にして、汚れた英雄・メネンコが企てる驚きのシナリオとは・・。忍び寄る不穏な気配、レースの痺れるような駆け引き、張り詰めた緊張感、選手それぞれの思いが混然一体となって作品を盛り上げます。エースを勝たせるために走る、チームスポーツの神髄を地で行くラストが熱い!

2019/10/22

佐々陽太朗(K.Tsubota)

期待に違わぬ面白さ。ツール・ド・フランスの緊迫した内幕を選手の視点で描ききっています。物語の肝になっているのはロードレースが実はチーム競技なのだということ。そしてレースの過酷さは体力的にピークを越えた選手にとって意欲や経験でカバーできるほど甘いものではないという現実。ステージ優勝のチャンスを目の前にしたチカがとった行動に心が震えた。気になるのはチームメイトのアルギの妹ヒルダの存在。想像するだに魅力的なヒルダが次作以降でどのように物語にからんでくるのか、ひょっとして・・・と期待は高まる。

2019/02/22

みどり虫

【妄想レビュー】チカ、私がまだチカに出会っていなくて、友だちの話でロードレースをやってる人ってだけわかってた頃、あなたを女性だと思ってたんだよ。そう、ミッコのこともね。自分が1週間前にはロードレースの事もチカの事も何も知らなかったなんて嘘みたい。出会えて嬉しいし、もう夢中だよ。スポーツマンシップって言葉、チカを見ていて久しぶりに思い出したりもした。チカが悩み苦しむ姿は見ていて辛いけど、全てがチカの糧になり、走る意味になっていくね。これからも応援するって、チカ、チカウよ♡でも…その恋はどうかな?( ˙³˙)

2020/10/07

感想・レビューをもっと見る