読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鎮守の森 (新潮文庫)

鎮守の森 (新潮文庫)

鎮守の森 (新潮文庫)

作家
宮脇昭
出版社
新潮社
発売日
2007-04-25
ISBN
9784101317519
amazonで購入する

鎮守の森 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

翔亀

著者は4000万本の木を植えたとして著名な生態学者。その理論は明快で、土地が本来持つ「潜在自然植生」(人間が手を加えないで自然が到達する植生。極相林と同じ)の何種かの木を植えれば、下草刈などの手を加えないで森は自然と育つ、というもの。関東以南の「潜在自然植生」は常緑広葉樹林だからタブノキやカシを植林すればよい。しかし常緑広葉樹林は、二千年に渡り日本人が伐採し続けてしまったため、今0.6%しか残っていないという。唯一残ったのは、鎮守の森。確かに私の近所の高麗山や鷹取山に、神社があったから残ったのは事実だ。

2015/08/08

テディ

ただやみくもに植栽するべきではない。そこに生えるべき植物を自然の森の掟に従って混ぜて植える。植えたときから競争・共生環境を維持するために混植・密植する。そもそも鎮守の森とはダイナミックに安定した森社会であり土地の自然環境に応じてその総和が具現したものである。過去の地震や焼夷弾の影響を受けなかった鎮守の森。何故地霊をなごめ、それを守る由緒ある神社が森の中にあるのかが理解出来た。最近の企業のCSR活動による植樹は大変良い事であるが、本書に書かれた通り、そこの場所毎で求められるものを植えていく事が肝要なようだ。

2016/07/23

Saiid al-Halawi

ただ植えればいいというものではない。土地に適したもの、つまり潜在的自然植生(人間による干渉の一切を排除したと仮定した場合にその土地に想定される植生)に適合するものでなくてはならない。また、森という「システム」が構築され持続しうるには、水や養分、気候等が生育にとって最大になる最高条件よりも、他の樹種と互いにパイを分け合い、競合/並存しうるような最適条件でなくてはならない、ということ。

2011/06/09

とこまた

私の地元でも、かつて里山だったところは徐々に荒れている。一方、鎮守の森はさして手入れされずとも永続するという。森林再生の見本は鎮守の森にあり。神社に足を運んでドングリを拾おう。

2010/09/17

ice cream

空前の環境問題ブーム。建築もしきりに緑化が叫ばれている。しかし、この本を読めば、いかに屋上緑化や壁面緑化が表面だけのもので、本質を捉えてないかが分かる。植物にも植物の社会があり、上層、中層、低層、その他諸々色んなバランスで成り立っている。またその土地土地で適した植物も違う。そうしたことを全て考慮して緑化しなければ意味がない。建築に携わるうえでこれからはもっと植物のことを勉強する必要があると思う。その入門書として非常に良い本である。

2010/05/05

感想・レビューをもっと見る