読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

作家
朝井リョウ
あさのあつこ
伊坂幸太郎
恩田陸
白河三兎
三浦しをん
出版社
新潮社
発売日
2016-11-14
ISBN
9784101332567
amazonで購入する

「X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【12月第3週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

小説部門

1位

吾輩も猫である (新潮文庫) 赤川 次郎,新井 素子,石田 衣良,荻原 浩,恩田 陸,原田 マハ,村山 由佳,山内 マリコ

2位

クローバーナイト 辻村 深月

3位

自生の夢 飛 浩隆

4位

コンビニたそがれ堂 祝福の庭 (ポプラ文庫ピュアフル) 村山 早紀

5位

異世界居酒屋「のぶ」二杯目 (宝島社文庫) 蝉川 夏哉

6位

あひる 今村 夏子

7位

ゴッド・ガン (ハヤカワ文庫 SF ヘ) バリントン・J・ベイリー

8位

書楼弔堂 炎昼 京極 夏彦

9位

X’mas Stories: 一年でいちばん…

2016/12/21

全文を読む

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【12月第2週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

 

小説部門

1位

あひる 今村 夏子

2位

吾輩も猫である (新潮文庫)

3位

イヤミス短篇集 (講談社文庫) 真梨 幸子

4位

掟上今日子の旅行記 西尾 維新,VOFAN

5位

八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫) 三津田 信三

6位

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫) 辻村 七子

7位

カブキブ! 5 (角川文庫) 榎田 ユウリ

8位

すえずえ (新潮文庫) 畠中 恵

9位

i(アイ) 西 加奈子

10位

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる…

2016/12/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

クリスマスをテーマにしたエンターテインメント系作家6人によるアンソロジー。雑誌の企画だったのだろうか。白河三兎だけは初読。巻頭の朝井リョウと巻末の三浦しをんは、それぞれタッチは異なるものの、ほっこりとしていてクリスマスにふさわしい小説。あさのあつこは、クリスマスの必然がない上に、内容もおよそ相応しくない。伊坂幸太郎は荒唐無稽なところが、この作家らしいが、いささか軽すぎるか。恩田陸は、SF仕立てだが、理屈っぽい。白河三兎は、文体がキレとスピードに欠けるといったところ。

2018/12/19

SJW

クリスマス前に読めて良かった。6名の作家さんのクリスマスストーリー。それぞれの作家さんの特徴が出ていて楽しめた。まだ読んでいない作家さんの作品を選ぶ楽しみも増えたのは嬉しい。良かったのは、白河三兎さんの悪びれた子供の想いを大人が気がつかないという物語「子の心、サンタ知らず」。こういう話には涙腺がついつい弛んでしまう。三浦さんの作品は何故か江戸時代からのタイムスリップもの。クリスマスにどう繋げるかと思ったら、さすが三浦さん。うまく最後はまとめました。

2017/12/21

yoshida

読友さんの紹介で読了。クリスマスをテーマにした、6人の作家さんのアンソロジー。アンソロジー作品は初読みです。なかでも、あさのあつこさん、白河三兎さんは初読みでした。バリエーション豊かな作品が詰まっています。今まであまり読んでいなかった伊坂幸太郎さんの作品のラストに爽快感を覚え、他作も読もうと思いました。恩田陸さんの作品の意外性。白河三兎さんの作品のラストの暖かさ。三浦しをんさんのアイディアの奇抜さ。どれも読んでいて感心する。多くの作家さんの作品が読めるアンソロジーの良さを存分に堪能。読書の幅が広がります。

2017/01/08

OCEAN8380

クリスマスまでに読み終える予定が大晦日までかかってしまった。どの作品も良かったですが、あさのあつこさんの作品が一番良かった。

2016/12/31

こうじ

⭐︎⭐︎⭐︎3/5 良かった(*^_^*)こてこてのラブストーリーかと思ったけど違った^_^;どの作品も個性があり良かったなぁ〜^_^特に朝井リョウさんのは笑わせてもらったよ!伊坂幸太朗さんのも個人的に好きだな(*^_^*)クリスマスに奇跡起きないかなぁ〜^_^

2016/11/20

感想・レビューをもっと見る