読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京カジノパラダイス (新潮文庫)

東京カジノパラダイス (新潮文庫)

東京カジノパラダイス (新潮文庫)

作家
楡周平
出版社
新潮社
発売日
2018-08-29
ISBN
9784101335773
amazonで購入する Kindle版を購入する

東京カジノパラダイス (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

ライトバージョンの楡周平。話自体はかなり面白かった。「飛びっきりの屑」という主人公杉田がもっと笑わせてくれるのかと予想したが、女性にだらしないだけで割とそこそこのサラリーマン。面白いのはジャパニーズカジノとして丁半を持ってきたアイデアと、その実現に向けての事業部との交渉や、妙にリアリティをまぶしてパチンコ業界も絡めた、カジノオープンまでの四苦八苦。柏木など、ガッチリとキャラ立ちした人物もいる反面、杉田の屑っぷりの中途半端さや、GGのギャンブル中毒設定の掘り下げ不足etc、緩く書いたなと思わせる一面もある。

2020/03/26

mr.lupin

東京のお台場にカジノができる。そのカジノの運営会社に転職してきた元商社マンの杉田。杉田は世界の超VIP達が金を落とす夢のカジノを実現すべく、同僚の美女柏木と共に奔走して行く。思ったより真面目な話でもう少し弾ける部分があればもっと楽しめたかな~ 内容的には可もなく不可もなくって感じの一冊だった。☆☆☆★★

2019/10/03

Walhalla

東京にオープンするというカジノを運営する会社のお話です。楡修平さんの作品らしく、単なるお仕事小説に留まらず、経済小説の側面が濃かったですね。ビジネスとして考えた時のカジノの在り方を描くシーンがありますが、パチンコや公営ギャンブルの実態や、そこで甘い汁を吸う官僚への批判もしつつ、マネーロンダリングの危険性などの問題点もきちんと指摘されていて、真面目に面白かったです。

2019/09/02

ゆかり

IR法案について考えるきっかけに購入。勉強になりました。少々読みづらい部分もあったものの、設定の良さと個性強めのキャラクターに助けられ、愉しく読了です。

2019/01/01

きょん

東京お台場にカジノを設立する過程の色んなトラブルが面白い。官僚との一筋縄ではいかないやり取りや中国VIP客を引き付ける方法など下衆いけど本当にありそう。これを読むと、競馬や競輪、宝くじといった公営ギャンブルには手を出さない方が賢いなと思っちゃう。

2018/09/19

感想・レビューをもっと見る