読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女子的生活 (新潮文庫)

女子的生活 (新潮文庫)

女子的生活 (新潮文庫)

作家
坂木司
出版社
新潮社
発売日
2019-03-28
ISBN
9784101363820
amazonで購入する Kindle版を購入する

女子的生活 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寂しがり屋の狼さん

闘う人が好きです。たとえ力が弱くても、心が弱くても、前を向こうとする人が好きです。生きることは困難で、でもその中で下らない冗談を言える人が好きです。みきと後藤は、そんな二人です。好きな人たちだったから、書いてる間、ずっと楽しかったです。【著者あとがきより】坂木 司さんの作品は4作目ですが、作者が楽しく書き上げた作品だけに最初から最後までクスクス笑いながら読めました♪ヽ(´▽`)/読後も気分爽快。トランスジェンダーは初めて知りましたよ(*^.^*)

2019/05/12

ponpon

坂木さんの文庫新刊があったので手にしましたが、タイトルで「?」。ミキのお洒落な生活に同級生の後藤が転がり込むところから物語は始まりますが、そこで明かされる意外な事実。ミキには差別偏見が悪意の有る無しに浴びせられるが、自分に対する自信を喪わず強く生きているのがカッコいい。同居人の後藤も、それを自然に受け入れられる素晴らしい関係ですね。また会社の同僚もミキを特別扱いしないのも、自分と他者の線引きを明確にする都会的な感覚なのかな。昨年にドラマ化されていたようで見たかったな・・。予想を越える面白さの一冊でした。

2019/04/10

りゅう☆

体は男、心は女で女の子が好き。ファッションセンス、スタイル抜群で美人なみきのアパートに同級生の後藤♂が転がり込む。闘うこと、複雑が好きなみきが様々な人たちと関わっていく。勝手なドリームを女に押し付ける男、テンプレ思考の男、自己愛の強いかまってちゃん、毒親、意識高い系家庭的アピール女、他人見下しマウンティング女(解説より)。もうね、みきちゃんサイコー!女子力だけでなく語彙力も高過ぎ!どんな言葉でも受けて立つし、かわす。ノリツッコミはトワネットちゃん彷彿。トランスジェンダーとして性事情、家族の理解、将来への→

2021/04/15

aoringo

お洋服やメイク、ガールズトーク。女子であることを目一杯楽しんでいる、ある秘密を持っている主人公。最後まで湿っぽくならないのは、生まれ持ったポジティブさなんだろうけどその強さがうらやましい。彼女を見ていると、ちょっとしたことで落ち込んでなんていられない。価値観なんて他人が決めるものでなくて自分がこれでいいと思ったらそれでいいんだもんね。彼女を見習って私もいくつになっても女子力保たないと!

2020/07/03

harupon

単行本(図書館借り本)で、レビュー投稿済。蔵書にしたくて購入して再読。トイレもお風呂も着替えも趣味も、人の目を意識しなくていい暮らし。ミキが実家をでて都会で手に入れた女子的生活。2年間一緒に暮らしていたともちゃんが、引っ越した後のお話。同じトランスジェンダーでも、ともちゃんの恋愛対象は男性。ミキの恋愛対象は女性。この本を読んでLGBT、トランスジェンダーについて、少しだけ知ることが出来た。巻末の文庫版あとがき・ドラマで徹底的な役作り努力をした志尊淳さんのインタビュー・解説も良かった。買って良かった本。

2021/03/04

感想・レビューをもっと見る