読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫)

刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫)

刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫)

作家
久間十義
出版社
新潮社
発売日
2009-01-28
ISBN
9784101368719
amazonで購入する

刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

shirou

下巻も読み終わってます。 大蔵官僚の死が、自殺か他殺か・・・ それを調査することになった二人の刑事が、政治的なカラミで調査は中止にされます。しかし、一人の刑事はそのまま調査を意地で継続し、もう一人はまた別の事件を追い始めます。 話がどうつながってくるのかが楽しみデス。

2013/06/08

anri0912

テーマとしては物凄く面白そうなのだけれど、どうにも乗り切れず上巻が終了。 いまいち盛り上がりに欠ける。 下巻に期待。

2019/01/17

fukky

刑事物や警察物のミステリは好きなので,上巻の出だしは満足しながら読み進めています。暑い夏に起きた事件を時間を追って関係者の様々な場面を動じ展開で書き進める手法もいいですね。下巻に突入します。

2014/07/15

sta_kishimoto

警察小説は基本好きです。組織のしがらみの中で、その対象者がどのように活路を見出すのか。上巻終わってみて、期待に違わぬ、警察小説の王道。ノンキャリアとキャリアの軋轢、警察組織に介入してくる政治の圧力、見返りとしての天下り、清濁併せ呑むを綺麗事かのようにのたまう馬鹿な官僚、捻じ曲げられる捜査、警察組織という身内同士の足の引っ張り合い などなど、これでもかというくらい要素が詰まってます。下巻の展開が気にはなりますが、読み終わった後、すっきりと終わることができたらいいなぁ。

2011/09/11

tom

これは,ちょっとした上物の可能性あり。誰もコメントを書いていないのはどうしてなんだろう。不思議です。少しばかり,どこかの小説に書いてありそうな設定なのかもしれないけれど,馬鹿にしちゃダメよという雰囲気が漂っている。これから下巻。かなりの楽しみ。

2010/03/02

感想・レビューをもっと見る