読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)

ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)

ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2006-12-01
ISBN
9784101461236
amazonで購入する

ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

再び読書

佐助の過去が明かされる「産土」が印象深かった。前作では仁吉の過去が、今回は佐助の過去がとシリーズものの、ふくらみを増すエピソードが楽しくも、今回は少し怖かった。「たまやたまや」も一太郎の幼馴染の春ちゃんが嫁入りするエピソードで面白かったですね。ゆっくり慌てず、シリーズを読み進めていきます。

2015/04/10

takaC

犬神昔話は楽しかった。まんまと騙されたから?

2008/06/16

ヒロ@いつも心に太陽を!

単行本で既読済みにも関わらず話をすっかり忘れ『産土』で「え!若だんなぁ!」とまんまとひっかかる私(u∀u;)佐助が一太郎に薬を飲むようにお願いしたときの台詞にはきゅんとした〜あんな話聞いた後なら佐助を心配させまいと一太郎だって素直に飲んでしまうよね!『たまやたまや』は仲の良い幼馴染みが結婚するときの恋とは違うのだけれど寂しいやらもどかしいやらの複雑な気持ちがすごくよくわかって私もせつなかった。お春ちゃんはきっとまだ一太郎のことが好きだと思う。でも現実を受け入れて前へ進むところが女の強さかな。

2012/09/17

まりもん

佐助の話はやっぱり好きだな。 お春ちゃんも切なかったけど幸せになって欲しい。

2011/05/21

夜の女王

☆☆☆ シリーズ第3弾。『茶巾たまご』冒頭から松太郎のお見合い話でビックリ。貧乏神も大事にしないと、という話。『花かんざし』まじめに若旦那の奥さんは丈夫で妖怪にも負けない気丈さを持ってないと。りんの10年後が楽しみかも。『ねこのばば』寛朝和尚、良いキャラしてるわ。また登場して欲しい。桃色の雲、美味しいかもw『産土』佐助の過去話。仁吉のより切ない。『たまやたまや』お春もとうとう嫁入り。一太郎も子供時代とお別れ。 5作とも承→起→承→転→結という、事件から一旦過去に遡って語られていく構成。このパターンで定着?

2013/05/06

感想・レビューをもっと見る