読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

すえずえ しゃばけシリーズ 13 (新潮文庫)

すえずえ しゃばけシリーズ 13 (新潮文庫)

すえずえ しゃばけシリーズ 13 (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2016-11-28
ISBN
9784101461342
amazonで購入する

「すえずえ しゃばけシリーズ 13 (新潮文庫)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【12月第2週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

 

小説部門

1位

あひる 今村 夏子

2位

吾輩も猫である (新潮文庫)

3位

イヤミス短篇集 (講談社文庫) 真梨 幸子

4位

掟上今日子の旅行記 西尾 維新,VOFAN

5位

八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫) 三津田 信三

6位

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫) 辻村 七子

7位

カブキブ! 5 (角川文庫) 榎田 ユウリ

8位

すえずえ (新潮文庫) 畠中 恵

9位

i(アイ) 西 加奈子

10位

X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる…

2016/12/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

すえずえ しゃばけシリーズ 13 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

最近はさまざまなあやかしが縦横無尽に出てくる感じがしています。相も変わらず体の弱い若旦那のそばにいておせっかいをやくような感じです。いよいよお嫁さん候補が、ということで許嫁ができた様な感じです。まだまだでしょうけどね。いつもながら軽いノリで楽しませてくれます。

2016/12/05

sin

“サザエさん”や“まる子ちゃん”は過去を切り取った物語だから何度も同じ新年を迎えるのだろうが…物語とはいえ“一太郎”は定命の存在であるからにはそのゆく末が在るのだろう。『えどさがし』に感じた不在という寂寥感はここでは転生という希望に置き換えられて妖たちとの末永い安寧の時を約束しているようだ。

2016/12/16

魔王

3年ぶりぐらいに見ました。自分も若旦那の離れに来た感じで楽しい気分になりました。安定した面白さがありますよね。

2017/01/01

彩花

【図書館本】51-'17⇒<しゃばけシリーズ⑬>今回のしゃばけシリーズは、それぞれの「すえずえ」を想起させる5つの短編集。『仁吉と佐助の千年』『妖達の来月』が特に好きでした。「ずつとこのままで」と願えば願うほど、「明日」はすぐにやって来る気がします。明日、来月、来年、そして千年、とこしえに。人間、妖怪、神様。生きる時間、生きる世界が違っても、例えそれが一瞬でも、一緒に生きている。その時間が幸せなほど、別れが辛いでしょう。でもそれだけ大事だったということです。ずっと一緒に居たいと思ってくれるって幸せです。

2017/04/04

あきか

シリーズ第13弾。来年、明日、とこしえ、千年、来月…今巻は未来がテーマになっている。読後、こんなにタイトルにしみじみ感慨深さを覚えたのは『すえずえ』が1番かもしれない。若だんなや妖たちにとって転機となるような一冊でした。「この世で待っていることにしました。若だんなが生まれ変わるのを」。仁吉のふいなセリフにぐわっと涙腺が刺激されました…(;ω;)言われてみたいわー。もう仁吉も佐助も最高!金次の怖さも最高…笑

2018/10/31

感想・レビューをもっと見る