読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

作家
中島義道
出版社
新潮社
発売日
2004-04-24
ISBN
9784101467238
amazonで購入する

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

初読。ああ、読書だけして生きられたら…。

2013/07/14

Y.N

働く=仕事=お金という発想ではありません。生き方と考え方に関する本です。世の中は全て理不尽なものです。だからこそ、逆に楽して儲かる人も言うのですが、それがそうならないところが肝です。部屋に閉じこもっていないで、小さなことから徐々に行動に移し社会とかかわることにより、生きていくということを説いています。お金は社会とのかかわりの戦いで得た報酬です!!引きこもりなどの経験がある方には響きます。逆に「お金を稼ぎたい」という方は読まないでください。読了したので、欲しい方メッセージ下さい。お譲りしますm(__)m

2013/06/24

ニクロム

自分が嫌いで、だから他人が嫌いで、世間にうまく適合できない。どうにもならない自己だけ大事に抱えて、理想だけは頭の中で膨らんでいく。さあ自分はどうすればいいのか。 中島義道は言う。「自分の部屋から脱出し、親の庇護から脱出し、自分の労働によって生活すること。金との引き換えという容赦のない場に自分を晒すことで、現実の厳しさを習得することができる。現実感覚が育てられていく。理想が本物か分かる。その中で生きる意味をつかむのだ。」と。繰り返されるのは、この「理不尽」な社会を偽らず、直視するということ。

2015/02/15

豆ぽち

自分のことが書かれていると思うほど著者の思考に共感した。この著者は客観的に見ればかなりの変人だと思う。そして、私もかなりの変人だと自覚を深めた。「なぜ勝手に生まれさせられてなぜ死を受け入れるしかない運命を背負っているのか」著者の究極の悩みは、そのまま私を苦悩させる。正解も最適解も存在しない苦悩を抱え、尚も生き続ける不様さと潔さ。結局の所、著者が「『知りたい』という執着を断つのが一番難しい」と言っているように、世俗的な欲求には無頓着で『知りたい欲求』が異様に強いということなのだろう。だから読書は止められない

2014/07/26

おじいやん featuring おじいちゃん( ̄+ー ̄)

あるがままを受け入れる。形が無いものを無理矢理嵌め込むから歪むのである。当事者が良ければ当人はそれでいいのだから。誰からも悲しまれない死。崇高とさえ思った。

2016/09/19

感想・レビューをもっと見る