読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

作家
恩田陸
芦沢央
海猫沢めろん
織守きょうや
小林泰三
澤村伊智
前川知大
北村薫
さやか
出版社
新潮社
発売日
2018-07-28
ISBN
9784101801322
amazonで購入する

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アンソロジー。好きな作家さんも初読み作家さんもいて楽しめました。芹沢央さん『妄言』は面白くて引き込まれました。小林泰三さん『自分霊』も良かったです。現代と未来で時間軸が2つ出てくる話は、ミステリーの王道だけど面白いです。

2020/11/16

しんたろー

普段は読まないアンソロジーだが、好きな作家が多いので手に取った。恩田さんは彼女らしいホラーでファンなら楽しめる。芦沢さんは既読で残念だったが再読でも面白い。初読み海猫沢さんはミステリっぽいホラーで楽しめた。織守さんは『記憶屋』を彷彿させる情緒あるホラーで好み。さやかさんのイラストは耽美的な怖さが漂った。初読み小林さんはSFチックな作風が巧みだった。澤村さんはホラー作家として脂が乗っている感じで一番ゾッとした。初読み前川さんは切ないファンタジーに思えた。北村さんは文学ミステリとでも言える不思議な話だった。

2019/01/10

ひさか

小説新潮2014年8月号:あまりりす(恩田陸)、 破落戸の話(海猫沢めろん)、うしろの正面(さやか)、ヤブ蚊と母の血(前川知大)、誕生日(北村薫)、2017年8月号:妄言(芦沢央)、とわの家の女(織守きょうや)、自分霊(小林泰三)、高速怪談(澤村伊智)の9篇を2018年8月新潮文庫から刊行。じわじわ、ずんずん、??の怖い話が続き、楽しめました。「妄言」のラストが好きです。

2020/01/24

machi☺︎︎゛

見ちゃった、、、。見なかったらよかった話9編。うち1つはイラスト。織守きょうやさんの「とわの家の女」が良かった!

2021/03/02

KAZOO

幽霊やお化けが怖いというのは常識なのですが、ここに収められている9つの短編は人間の怖さを描いていて読んだ後にじわと送るような怖さがあります。恩田陸さん、北村薫さん以外はほとんど読んだことがない作家さんばかりで、絵だけの作品もあり様々な怖さを体験させてくれます。

2018/08/31

感想・レビューをもっと見る