読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)

火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)

火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)

作家
知念実希人
出版社
新潮社
発売日
2018-08-29
ISBN
9784101801339
amazonで購入する Kindle版を購入する

火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

『事件カルテ』(長編)の最新作。毎度のごとく小鳥遊の視点で進んでゆく事件と謎解きは、このシリーズらしいオカルト要素を交えて楽しく読めた。鷹央は変わらず暴若無人なのに可愛さがあって健在だし、鴻ノ池も愛車を乗り回し合気道も披露して頼もしい。惜しむらくは事件そのものが先を読めてしまう点で、ミステリとしては弱く感じたこと。それでも、 3人のやり取りが、時には青春もの、時にはコメディもののように弾んでいるのでサクサク読めるのが良い。人に薦めるような名作や傑作の類ではないが、アニメテイストの不思議な作品だと思う。

2018/10/09

ウッディ

平安時代の陰陽師の墓の調査に入った准教授が焼死し、調査団のメンバーも次々と死んでいく。これは、呪いなのか、連続殺人事件なのか?シリーズ物とは知らずに読んでしまいました。天久鷹央と小鳥遊のタカタカコンビが活躍する、軽いミステリーでした。印象としては、赤川次郎のユーモアミステリー(古い?)とガリレオシリーズのミックスといった感じでした。キャラ立ちした主人公で、サクサク読めたのですが、人体自然発火の真相は、意外性はあったが、臭いで気付かなかったかという謎が残りました。

2019/09/04

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

陰陽師・蘆屋炎蔵を調査した翠明大学日本史学科・内村秀典准教授は謎めいた人体発火を起こし死亡した。共同研究者の翠明大学日本史学科・室田宗春教授は陰陽師・蘆屋炎蔵の呪いだと確信する。それを天医会総合病院・天久鷹央に依頼した。共同研究者の帝都大学日本史学講座・碇教授は病死した。ただ、遺体は放火された。後日、翠明大学日本史学科・室田宗春教授は天医会総合病院に搬送されたけど案の定、謎めいた人体発火をした。犯人はすぐに分かった。トリックは分からない。ガリレオシリーズ、銀狼怪奇ファイルを思い出した。天久鷹央、可愛い。

2018/10/05

nayu

長編は読みごたえがあって大変素晴らしい。    面白かった。      人為と偶然と自然が絡み合って複雑怪奇なトリックとなった今回の事件。     面白かった。

2018/09/20

だい

事件が解決してみると、いろんな人の思惑や犯行が入り交じっていて複雑だった。 でも事件を通して鷹央とことり先生の絆はさらに深まりましたね!

2018/09/08

感想・レビューをもっと見る