読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さよならの言い方なんて知らない。3 (新潮文庫nex)

さよならの言い方なんて知らない。3 (新潮文庫nex)

さよならの言い方なんて知らない。3 (新潮文庫nex)

作家
河野裕
出版社
新潮社
発売日
2019-12-23
ISBN
9784101801780
amazonで購入する Kindle版を購入する

さよならの言い方なんて知らない。3 (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

架見崎最強と称される孤高の月生亘輝。そんな月生を打倒するため、チーム内で派閥抗争が続くPORTと実質的指導者交代で揺れる平穏な国の二大勢力が手を組んで行動を起こす第三弾。様々な思惑を胸に秘めながら、指導者交代前の約定どおりに動き出したトーマとPORTによる正攻法では容易に攻略できない月生打倒の方法、明らかになってゆく各陣営の何とも入り組んだ人間関係、暗躍するキーマンたち、そして誰も死なせたくない香屋の奔走があって、いや何とも絶妙な結末でしたね...最後のあれが意味するところもいろいろと考えてしまいました。

2020/03/16

ヤクモ

毎日同じように電車を待ち続ける架見崎最強の男、月生。いよいよ始まるユーリイ率いる架見崎最強の「PORT」と、ウォーターことトーマが実質的リーダーとなった「平穏な国」による月生への合同攻撃。そんな中で両国の思惑と行動の裏を読んで争いに介入しようとするキネマ倶楽部の香屋歩。PORTのナンバー2のホミニニ、平穏の紫とニックにキド、モノを加えたチームと、月生との詰将棋のような戦い。ユーリイとの最終決戦の行方のカギを握るのはあの人。そして明らかになる月生の絶望と香屋歩の希望。それは歩が生きることの価値になるのか。

2020/03/07

らび

いよいよ平穏、PORT vs 月生戦開戦。今回は何故月生が70万Pの保有者なのか、架見崎とは、0番目のイドラとは?様々な疑問の情報が少し開示されつつ根本を成すのは死生観。河野さん得意のくどい言い回しの果てにあるものは「生きるための理由・死ぬための言い訳」をくりかえしているよう。私なら「生死=無」なのですが、この無限ループに正解は無いのでしょう。ラストに1つ香屋が放った現実の事実に意表を突かれた。「死んだら現実に戻る」と思い込んでいたが「元に戻る」とは。そして7月があれば1月からあるのだろうが・・

2020/01/09

ツバサ

今回は、最強の存在である月生さんを倒すということ。それと架見崎という街の秘密について、迫っていて、作品の大事な部分をやっていたが、何度か読み返さないといけないなと思いました。最後に落とされた事実は愕然としたし、香屋の剥き出しの気持ちに胸が熱くなりました。

2019/12/28

ベイマックス

小説なのかなと思いながら読んでいました。読書というよりゲーム感覚。登場人物・所属チーム・ポイントによる特性などなどを把握しながら読むと、時間かかった。でも、結局次作も読むんだろうなって気がしています。

2020/01/10

感想・レビューをもっと見る