読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キャプテンサンダーボルト 新装版 (新潮文庫)

キャプテンサンダーボルト 新装版 (新潮文庫)

キャプテンサンダーボルト 新装版 (新潮文庫)

作家
阿部和重
伊坂幸太郎
出版社
新潮社
発売日
2020-09-29
ISBN
9784101802015
amazonで購入する Kindle版を購入する

キャプテンサンダーボルト 新装版 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

owarai

「地球は狙われている!」侵略を企てる悪の組織。身も体もボロボロに、奴らと戦った戦士達。あの時、テレビに齧り付いていたあなた。時を経て、今、充実していますか。何かに打ち込み、一生懸命になってたあなた。あの時の経験が今、何も役に立ってねぇと嘆いてませんか。そんなあなたにも、きっと逆転のチャンスはあるはず。握った拳を高々と挙げる瞬間は、きっとあるはず。あの時、全身タイツだせぇ、あり得ねぇと斜に構え、彼らに興味を失ったあなた。そんなあなたに、この一冊。忘れてた熱い何か、あなたの心に呼び覚ましてくれるはず。

2020/10/12

おつまみ

新装版が改めて読んだが、書き下ろしの短編があるのがいい。かつて読んだ本といっても、それだけで読む意欲が出る。

2020/10/07

ツバサ

分厚いが、読みやすい。謎のウィルス、ヒーローのスキャンダル、関係なさそうなことが繋がっていくのが快感。スリリングな展開だが、基本的におちゃらけてるので読みやすかったです。

2020/10/26

ソラ

文春文庫版は購入していたものの、合作ということであまり気が進まなかったり上下巻の片割れが行方不明でということもあり後回しにしていた作品。けれど、合作のつぎはぎ感なく終始ハラハラしたしとても良かった。

2020/10/24

ふっかー復活委員長

【世界で戦うための"合作"】「一人では絶対に書けない」エンタメ大作誕生の裏には、あのノーベル賞(候補)作家の存在が!?▼登場人物紹介はイラスト付き。個人的にポンセはもっと小柄で、メンターはもっと若い姿をイメージしていた。でも、逆に想像をクリアにしながら読めた気もする▼この小説を、内容そのままで"ラノベ"として再読することになるとは思わなかった。でも、新潮文庫nexは好きなレーベルなので違和感なし!10代の方にも、もっとこのスリルと笑いを味わってほしい。

2020/11/03

感想・レビューをもっと見る